_ 神奈川県の早期チャレンジの面接対策はかなり早めに! | 公務員試験の合格を応援します!
【スポンサードリンク】

神奈川県の早期チャレンジの面接対策はかなり早めに!

  • カテゴリ:未分類
特別区Ⅰ類に受かりたい受験生に向けたTACの直前対策セミナーが開催されています!教室講義、WEB配信から選べて、教室の場合には定員がありますのでお早めに!扱う内容は総論、政治、経済、法律、論文、面接で、一次試験から二次試験まで、半日くらいかけてバッチリ直前対策が出来ます!2015年度は去年までと比べていろいろと変更点がありますから、この講義で話されるお得な情報によって、受験生の間にも差が生まれる可能性もありますから、TACに通っていない受験生は特にそうですが、特別区に絶対に受かりたい人にはオススメです!
特別区Ⅰ類(事務)対策セミナー申し込みページ


神奈川県早期チャレンジの試験は毎年4月に行われます。4月に筆記試験が行われて、一次試験合格者は二次試験へと進むことになります。ただ、この二次試験の日程というのが一次試験からほとんど間隔なく行われるので、対策をしている余裕がほとんどないというのです。したがって、一次試験合格の発表後に初めて面接対策をするというのでは、間に合わない可能性が高いです。

基本的に一次試験で自己PRシートを書くので、多少は面接対策になりえることを筆記試験の前で多くの方がしているはずです。勿論、それだけでは足りないのですが、少なくとも筆記試験を受ける前辺りから面接試験の対策をしていかないといけないと思います。一次試験の合格発表までには、時間はそれなりにあるかもしれません。自己PRシートと論文をチェックするため。

しかし、合格発表の後はすぐ面接試験があるようですから、気をつけないといけません。ちなみに2014年のケースでいうと、一次試験が4月6日で、一次試験の合格発表が4月15日、そして、二次試験の1番最初の日程が4月19日です。合格発表から二次試験の最初の人の間が4日しかありません。最短で4日でいきなり面接です。これはハードスケジュールですね。

また、一次試験の日から二次試験までは最短で13日ですから、2週間くらいしか時間がないということを考えると、やはり一次試験を受ける前から面接対策をしていかないと厳しいでしょうね。志望動機や自己PR,やりたい仕事などはすでに考えていると思うのですが、それ以外の面接対策もしていけると良いでしょう。本気で神奈川県早期チャレンジで合格したいのならば、この時期からもう面接対策をやらないといけないということです。

非常に厳しいかもしれませんね。一次試験の倍率は相当高いです。10倍、20倍くらいはあるのかもしれません。だから、合格の望みが低い中で面接対策をするというのは、あまりモチベーションが上がらないかもしれませんね。まだ受けてすらいない中ですから、受かる、受からないというのは分かりませんし、数字だけ見たら現実的に倍率がヤバイですから。

おまけにこの時期は他の試験種のための筆記試験の最後の追い上げをする時期でもあり、面接対策をしていると、それへの影響も多分にあるでしょう。だから、結構いろいろな意味できついです。神奈川県早期チャレンジを受ける方は、本当にこのあたりを気をつけながら挑んでいってほしいと思います。


公務員試験の面接対策は、志望動機や自己PRを綿密に考えて作り上げる必要がありますけど、どうしたら面接官に評価されるようなものを作り上げられるのか?難しいですよね。ある程度話そうと思っていること、題材が決まっているならば後はそれをどうまとめて面接官の心に響かせるか?それがポイントになります。本書では、そういった自分の考えた題材をもとにして、いかに面接官の心に訴えかけられるか?それを念頭に置いた面接対策が学べる一冊だと思います。
直前マスター! 公務員試験面接必勝法 (スーパー勉強法)
関連記事