_ 社会人経験者採用の勉強のために、会社を辞める?辞めない? | 公務員試験の合格を応援します!
【スポンサードリンク】

社会人経験者採用の勉強のために、会社を辞める?辞めない?

  • カテゴリ:未分類
特別区Ⅰ類に受かりたい受験生に向けたTACの直前対策セミナーが開催されています!教室講義、WEB配信から選べて、教室の場合には定員がありますのでお早めに!扱う内容は総論、政治、経済、法律、論文、面接で、一次試験から二次試験まで、半日くらいかけてバッチリ直前対策が出来ます!2015年度は去年までと比べていろいろと変更点がありますから、この講義で話されるお得な情報によって、受験生の間にも差が生まれる可能性もありますから、TACに通っていない受験生は特にそうですが、特別区に絶対に受かりたい人にはオススメです!
特別区Ⅰ類(事務)対策セミナー申し込みページ


社会人の方が公務員試験を目指す場合、1つ大きな選択を迫られます。それは仕事を続けたまま勉強するか?仕事を辞めて勉強に集中するか?というものです。前者の場合、勉強時間が大幅に削られるというデメリットはありますけど、公務員になれなかった場合の保険を持ったまま受験できますね。逆に後者は勉強時間は大幅に増加しますけど、ダメだった場合には仕事どうするのか?というデメリットも持っています。

これはどちらが正解とも言えませんね。結果的に受かれば、どちらでも良いわけで、結果が出てみないと何とも言えないもので、事前にどちらが正解か?というのは一概には言えないと思います。ただ、私なりに仕事を辞めて勉強するか?そのまま勉強するか?を決める際には、今自分がやっている仕事、または会社に未来があるか?というのを考えてほしいのです。

それは公務員になれなかった場合というのが、最悪のケースなわけですけど、そのときに会社を辞めないのであれば、その会社に引き続きずーっと働いていくわけですよね。世の中には、仕事がきつい、つまらない、人間関係が煩わしい、給料が安い、休みが少ないなどの不満が多く溜まっているところがたくさんあると思います。

そして、そういった不満が特に多く溜まっているような職場で働いている人というのは、客観的に見て、何のために働いているのか?何が楽しくて毎日生きているのか?そういう疑問を持ってしまうような働き方をしている人がいると思います。ただ、毎日一生懸命働いて貯金残高は増えていくが、何を生きがいにして、何を楽しみにして生きているのか?分からないような人、そういう会社で今働いている人というのは、保険をかけてその会社に縋ったところで、未来はないと思うのです。

会社を辞めるか?辞めないか?を考えるときに、今自分が働いている会社はどれだけ不満が溜まっているでしょうか?不満は相当溜まっていると思うんです。公務員に転職したいと思うくらいですから。その不満があまりにも大きすぎて、自分の人生を楽しめないでいるような人の場合は、会社辞めても別の困らないんじゃない?引き続きその会社で働けたところで、何か意味があるとは思えないのです。ただ、社畜になって毎日が過ぎていくだけ。1日のほとんどが仕事尽くしの人生なら、むしろ無職でやりたいことが何でもできる!時間はいくらでもある!といった日々の方がまだマシな気がするのです。

これは私の意見の1つであり、参考程度に聞いてほしいと思いますけど、今自分がしている仕事や働いている会社のことを考えてみて、保険のために縋るべき会社ですか?それを見極めて、会社を思い切って辞めるか?そのまま仕事を続けるか?考えてみましょう。社会人経験者の場合は、ある程度年齢がいっていることも多いです。20代後半と言う人もザラにいるので、受けられるチャンスが限られてくる面もあります。したがって、いち早く勉強を仕上げて受験したいという気持ちも理解できますし、そのための良い決断ができることを願っています。


社会人の場合、新卒大学生とは別枠での採用になるので、年齢制限等に気をつけながら、受験先を選んで行く必要があります。社会人経験者採用を行っている自治体、試験種などの一覧がまとめられているのが以下の本になります。今から勉強を開始しようか?と思っている方、もうすでに勉強を始めている方、詳しい受験先を決定する際にも利用可能ですし、知らなかったけど、ここも採用しているのか!?というところもあるかもしれません。ある程度受験先が事前に決まった方がそこに向けた勉強を効率よく行いやすいですし、モチベーションも上がって勉強が捗るかもしれません。
社会人が受けられる公務員試験 早わかりブック 2016年度
関連記事