_ 公務員試験の面接は面接官のコミュニケーション能力も重要 | 公務員試験の合格を応援します!
【スポンサードリンク】

公務員試験の面接は面接官のコミュニケーション能力も重要

特別区Ⅰ類に受かりたい受験生に向けたTACの直前対策セミナーが開催されています!教室講義、WEB配信から選べて、教室の場合には定員がありますのでお早めに!扱う内容は総論、政治、経済、法律、論文、面接で、一次試験から二次試験まで、半日くらいかけてバッチリ直前対策が出来ます!2015年度は去年までと比べていろいろと変更点がありますから、この講義で話されるお得な情報によって、受験生の間にも差が生まれる可能性もありますから、TACに通っていない受験生は特にそうですが、特別区に絶対に受かりたい人にはオススメです!
特別区Ⅰ類(事務)対策セミナー申し込みページ


公務員にもコミュニケーション能力が必要と言われて久しいと思いますけど、確かに公務員にもコミュニケーション能力は必要だと思います。住民と直に話したりすることは実際に仕事をしてみると多いのではないか?と思います。ただ、公務員の仕事に必要なコミュニケーション能力って、いわゆる「コミュニケーション能力」とは何か違う気がします。

面接でコミュニケーション能力が見られているのは間違いないと思うのですが、そこではどういうコミュニケーション能力が見られているのか?分かりますか?例えば、お笑い芸人のような場を盛り上げるコミュニケーション能力ではないと思うのです。こういうのが求められるというか、こういうコミュニケーション能力があると受かりやすいのは民間企業の方かな?と思います。

公務員にそういうコミュニケーション能力って必要ですか?民間企業もそこまでは仕事でそんなに使わない気もします。営業職とか、特定の仕事のみでそういう人柄だと好まれたりするというだけであって、ほとんどの人にはそういうコミュニケーション能力は求められていない気がします。公務員試験で求められているのは、相手の話をちゃんと理解し、相手に自分の話をちゃんと説明する能力だと思います。

これも凄い漠然としていますが、要は会話をしろということです。それは相手の質問を的確に理解し、それに沿って的確な回答を相手に分かりやすく説明する能力だと思います。したがって、相手の言っていることが分からないような場合には、相手の言い方が悪いのか?こちらの理解力がないのか?はちょっと判別が難しいものの、そういうときは絶対に聞き返さないとダメですね。

そして、これはこちらとしては何ともいきませんけど、こちらがした話が相手にとってよく分からない場合、相手も聞き返してほしいのです。相手がなんとなくな感じで、実はちょっとズレた解釈をしているような場合、そこから面接がよじれてしまうと思います。だから、面接官もちょっと何か分からないな・・・。と思ったら聞き返すべきです。そして、双方がお互いに理解しあうところから、コミュニケーションは生まれるのです。

だから、お互いがいい加減になっていたら、コミュニケーションは成立しません。だから、こちらとしてもコミュニケーションを成り立たせるための最善の努力をしますが、相手側のそうしてくれないとダメな場合がある。そして、相手がそれをしてくれないケースも多分ある。そうなると、その面接はgdgdになる可能性が高いということですね。面接官の力量も当たり前ですけど、面接の結果に大きくかかわってしまいます。面接官はこちらからは選べないですし、面接官の心のうちも全く分かりません。ここでも多少なりとも運ゲーの要素があるということですね。


面接試験の合否の鍵は、全て面接官が握っていると言っても良いと思うので、面接対策をする際には、面接官の考えていることを読んでいくことも大切でしょう。それも難しいのですが、現職で面接官をやっていた人の話を聞くと、少しは参考になる部分があると思います。以下の本は現職の採点官の方が書いた面接対策本で、公務員試験の面接でどういうところが見られているのか?評価のポイントなど、多くの人が気になる部分について、マンガ形式で解説してくれています。
公務員試験 現職採点官が教える!合格面接術 2015年度
関連記事