_ 公務員試験の面接の受け答えはしどろもどろになってOK! | 公務員試験の合格を応援します!
【スポンサードリンク】

公務員試験の面接の受け答えはしどろもどろになってOK!

特別区Ⅰ類に受かりたい受験生に向けたTACの直前対策セミナーが開催されています!教室講義、WEB配信から選べて、教室の場合には定員がありますのでお早めに!扱う内容は総論、政治、経済、法律、論文、面接で、一次試験から二次試験まで、半日くらいかけてバッチリ直前対策が出来ます!2015年度は去年までと比べていろいろと変更点がありますから、この講義で話されるお得な情報によって、受験生の間にも差が生まれる可能性もありますから、TACに通っていない受験生は特にそうですが、特別区に絶対に受かりたい人にはオススメです!
特別区Ⅰ類(事務)対策セミナー申し込みページ


公務員試験の面接では、受け答えが完璧にできないとダメとか、あまりそういう風に思う必要はないと思います。完璧に出来ればそれは良いのかもしれませんけど、それは本人がそう思っているだけであって、面接官もそのように評価しているか?は分かりません。あまりに完璧すぎるのも逆効果になるかもしれないということです。

以前、「面接でスラスラと流暢に話せないと評価を下げる?」の記事でも書いたように、面接官は予備校に通って、しっかりと面接対策を行ってくる受験生をあまり好んでいないのではないか?ということをお知らせしました。それは予備校の面接対策は抜かりなく行われるために、ちゃんと対策を実践していけば、多少差はあるにしても、どの受験生も一定のレベルには達するでしょう。

しかし、受け答えの内容については、予備校の色が出やすい。これは市販の面接対策本などを参考にしても一緒かもしれませんけど、よくあるマニュアルに頼った回答になりやすく、面接官としてはもっと本音が見たいのに。と思っているかもしれないのです。回答内容によっては、あ!この人完全にマニュアル通りの受け答えになっているな!と思われてしまうかもしれません。

そう思われたら、やはり不利になってしまいます。したがって、あまりにも不自然なくらいに受け答えが流暢過ぎて完璧というのも面接ではよくないのかもしれませんね。ちょっとはしどろもどろなくらいの方が面接官受けは良いというか、素の受験生が見れてむしろ好印象かもしれません。多少ツッかかたりしたとしても、それくらいでマイナスにはならないでしょう。

面接というのは緊張して当たり前ですからね。だから、ちょっとしどろもどろになったくらいがむしろ自然に見えて、面接官としても安心するんじゃないですかね?練習をして流暢に話せることも大切かもしれませんけど、流暢に話せないとダメということはないでしょうから、流暢に話せないとダメとは思い込まない方が良いでしょう。

そのように思ってしまうと、プレッシャーが大きくなってしまい、余計に失敗してしまう恐れもあります。別に面接は完璧を求める必要はありません。どういう話し方になっても、伝えたいことがちゃんと伝われれば問題ないという風に考えましょう。面接は良い意味で気楽に身構えて挑戦できると良いのではないか?と思います。


公務員試験の面接対策をするときには、以下の参考書がとても役立つと思います。本書は予備校のTACが発売しているもので、毎年改訂されています。特に参考になるのは「公務員試験の面接官が欲しい人材とは、どういう人なのか?」という部分です。端的に言ってしまうと、「辞めない人」ということになるようですが、どうしてそういう人が欲しいのか?そして、辞めない人と思わせるにはどうすれば良いのか?というアドバイスがとても参考になります!また、公務員試験の面接では、特に頻出と思われる質問について、約20個ほどよく聞かれる質問と回答例(良い回答とダメな回答とその理由)を載せているので、そこも十分参考になると思います!割とボリュームあるので、面接対策はこれ1冊でかなり仕上がるのではないでしょうか?
面接・官庁訪問の秘伝 2016年度採用版 (公務員試験)
関連記事