_ 就活用の冬のコートは基本ロング丈で、ショート丈はNG | 公務員試験の合格を応援します!
【スポンサードリンク】

就活用の冬のコートは基本ロング丈で、ショート丈はNG

特別区Ⅰ類に受かりたい受験生に向けたTACの直前対策セミナーが開催されています!教室講義、WEB配信から選べて、教室の場合には定員がありますのでお早めに!扱う内容は総論、政治、経済、法律、論文、面接で、一次試験から二次試験まで、半日くらいかけてバッチリ直前対策が出来ます!2015年度は去年までと比べていろいろと変更点がありますから、この講義で話されるお得な情報によって、受験生の間にも差が生まれる可能性もありますから、TACに通っていない受験生は特にそうですが、特別区に絶対に受かりたい人にはオススメです!
特別区Ⅰ類(事務)対策セミナー申し込みページ


就職活動では、さすがに冬になるとコートを着ないと寒いかもしれません。コートをこれから買おうと思っている方はその選び方に注意してほしいと思います。コートは色やデザインにも注目がいきますけど、丈の長さというのも非常に大切です。基本的に就職活動やビジネスのシーンでは、ロング丈を着るのが一般的だと思います。

どうして、みんな丈の長いコートを着ているのか?については、その発端は分かりませんけど、今ではショート丈を着ている人はまずいません。したがって、ある意味ロング丈がビジネスの格好をするときのコートの常識になっていると思うのです。例えば、紳士服店などで就職活動用のコートを買いたいと伝えると、ショート丈を奨められることはまずないでしょう。

何でか?っていうと、結局、スーツに似合わないのでしょうね。自分の頭の中でスーツ姿の自分にコートを着せてみると分かるかもしれませんけど、スーツのズボンって、スラックスみたいな感じじゃないですか?コートを上半身だけに着ていて、下はそのスラックスが全て見えている状態って、何か微妙な気がします。これがジーパンとかなら、別にそんなに違和感ないんですよね。

実際、私服を着ていく場では、ショート丈のコートの方がむしろ多いです。ロング丈のコートを着ている人はたまにいるくらいかもしれません。カジュアルとフォーマルの違いで、コートはどういうものが似合うか?というのも多分印象が全然違うのだと思います。制服の学生が着ているコートもだいたいロング丈じゃないですか?制服もフォーマルですからね。したがって、これから就活用にコートを買うという人は、基本的にショート丈は選ばないように。間違いなく浮くと思うので。

ショート丈といっても、基準は曖昧ですけどね。少なくとも男性であれば、ベルト見えるくらいの丈はやめておいた方が良いでしょう。ロング丈まではいかなくても、ミドル丈というのでしょうかね?ロングまではいかないけど、そこそこの丈の長さのコートもあると思います。あまり長い丈が好きじゃない方は、そういった丈の長さのコートを選んでも良いかもしれません。

ショート丈は一般的にはありえないと言いましたが、極端に短くなければ、ミドル丈みたいに中途半端に短い丈であれば、多分そこそこいるような気がするのです。好みもあるので、短い丈が絶対にダメなわけではないと思います。コートを着たまま、面接などを受けるわけではないので、自分が気にならないのであれば、どれを選んでも良いかもしれませんね。
関連記事