_ 縁もゆかりもない市役所、県庁の志望動機の作り方 | 公務員試験の合格を応援します!
【スポンサードリンク】

縁もゆかりもない市役所、県庁の志望動機の作り方

特別区Ⅰ類に受かりたい受験生に向けたTACの直前対策セミナーが開催されています!教室講義、WEB配信から選べて、教室の場合には定員がありますのでお早めに!扱う内容は総論、政治、経済、法律、論文、面接で、一次試験から二次試験まで、半日くらいかけてバッチリ直前対策が出来ます!2015年度は去年までと比べていろいろと変更点がありますから、この講義で話されるお得な情報によって、受験生の間にも差が生まれる可能性もありますから、TACに通っていない受験生は特にそうですが、特別区に絶対に受かりたい人にはオススメです!
特別区Ⅰ類(事務)対策セミナー申し込みページ


公務員試験で縁もゆかりもない市役所、または県庁を受ける場合、面接ではどのような志望動機を話せば良いのでしょうか?結構多くの人がそういった自治体を受ける可能性があります。特に東京都庁や特別区を受ける人は、都内在住じゃない人も多くいるでしょう。そういった人が面接を受けるときにはちょっと苦労するかもしれませんね。

では、具体的に縁もゆかりもない市役所や県庁などを受けるときに、何をヒントに志望動機を考えるべきか?その自治体の状況について調べてみることでしょう。何を調べるか?どんな課題を抱えているのか?それを調べてどうするのか?それを解決するために、貴方は何ができるか?を話すのが1番いい気がします。

できるだけ、その地域や自治体に関心を持ったきっかけを話せると良いと思います。小さいきっかけでも良いと思うのですが、きっかけがないと、ちょっと説得力にかける気がするのです。どうして、〇〇市や〇〇県を受けようと思ったのか?そのきっかけをまず探すことでしょう。どんなに些細なことでも良いと思うので。

そして、その自治体が今抱えている問題は何か?について調べてみて、それを解決したいと思ったから。それを志望動機に入れると1番しっくりくるかな?という気がします。つまり、何かのきっかけで、ある自治体に興味を持ち、その自治体がある問題で困っている。それを見かねたので、自分がその自治体の職員になって解決したい!貢献したい!という思いを志望動機を作れば良いと思います。

そのためには、その自治体が抱えている問題の解決策を自分なりにイメージできている必要があります。面接でそれについても聞かれると思うので、そこでちゃんと面接官に対して、納得してもらえるような話ができる必要があると思います。ポイントは、その自治体に関心を抱いた、受けようと思ったきっかけ、そしてその自治体が今抱えている課題や問題を解決したいという思いを志望動機について含めると良いのではないか?と思います。

実際、公務員試験で自分とはあまりかかわりのない、ましてや住んでいない地域の自治体を受けるというのは、結構難しいです。面接官に納得してもらえる志望動機はなかなか考えづらいですから。その中でも、なんとか志望動機を考えていかないといけませんけど、今回のことはヒントの1つにしてもらえればと思います。


公務員試験の面接対策では、自己PRや志望動機など、面接官の心に訴えかける内容でないといけません。ある程度話す題材などが決まっている方であれば、後はそれをどうやって表現するか?言い方として考えるか?そこが焦点になるでしょう。受験生の多くが悩みそうな面接対策において解決策を示してくれる一冊になると思います。公務員試験の面接では、本当に複雑で分からないことが多々あるかと思いますけど、そのときに役立ってくれる一冊ではないでしょうか?
直前マスター! 公務員試験面接必勝法 (スーパー勉強法)
関連記事