_ 国会一般職の面接カード「専攻分野」の書き方について | 公務員試験の合格を応援します!
【スポンサードリンク】

国会一般職の面接カード「専攻分野」の書き方について

特別区Ⅰ類に受かりたい受験生に向けたTACの直前対策セミナーが開催されています!教室講義、WEB配信から選べて、教室の場合には定員がありますのでお早めに!扱う内容は総論、政治、経済、法律、論文、面接で、一次試験から二次試験まで、半日くらいかけてバッチリ直前対策が出来ます!2015年度は去年までと比べていろいろと変更点がありますから、この講義で話されるお得な情報によって、受験生の間にも差が生まれる可能性もありますから、TACに通っていない受験生は特にそうですが、特別区に絶対に受かりたい人にはオススメです!
特別区Ⅰ類(事務)対策セミナー申し込みページ


国家一般職の人事院面接では、面接カードを書かされるわけですけど、そのときには、「専攻分野」という項目があるみたいです。大学で専攻した分野を書くという項目なんですけど、基本的には自分が専攻した分野というのは、何を指すか?というと、おそらくゼミなどでとった授業になると思います。中には「学部名を書くのか?」と思っている人もいるようなんですが、多分学部名ではないでしょう。

学部を書くのであれば、「学部、学科」といった項目になっていると思います。少なくとも専攻分野は、学部の中で何を専攻したか?例えば、経済学部ではなくて、経済学部の中で何を専攻したか?もっと細かい領域を聞いていると思います。実際、自分が専攻したものって何?というような人が多いと思うので、1つヒントというとおそらくゼミで扱っている分野を書けば、専攻分野になると思うのです。

しかし、中にはゼミに入っていない人もいると思います。そういう人はどうするのか?空欄にするのか?私は空欄にするのはあまりオススメしません。1番良いのは、自分が履修した授業の中で、特に力を入れた授業を書いておけば良いでしょう。それは成績が良かったとか、たくさん勉強したとか、そういったものです。専攻分野なので、ある程度詳しくないといけないと思うのです。

面接カードに専攻分野の欄があるということは、面接のときに詳しく聞かれる可能性もあります。ですから、聞かれたときにある程度答えられるようなものを選ぶようにしましょう。自分が履修した中で、特に興味関心を持った授業があれば、自然に自分でも調べたりして、知識はどんどん増えていって、面接でも語れる知識が増えていっているのではないでしょうか?

そういった授業があれば、それを書くのがベストだと思います。ない場合には無理にでも探した方が良いのかもしれません。「何もない」と書いたり、空欄にするのは、個人的にはあまり印象が宜しくないと思うので。とにかく自分の中で特に知識があると思われるもの、面接で聞かれても答えられそうなものをとりあえず書いておく。というのが最善策ではないか?と思います。今はゼミ入らない学生も多いでしょうし、ゼミが必須じゃないところも多いので、何かを専攻している大学生も減ってきていると思うんですよね。そういう意味では、この欄は改良が必要かもしれません。


国家一般職の面接カードを書く際、面接対策をする際には以下のような参考書を読んでおくとベストかもしれません。面接試験では、面接それ自体もそうですけど、面接カードを書く時点で、かなり合否に影響を与えている可能性があるのです。通常、公務員試験の面接では事前に面接カードを書いて、それを面接官がチェックしてから面接に入る試験種が多いと思います。つまり、面接の前に見る面接カードがイマイチだと、その時点で先入観で、「この人はダメかもな」と思われているかもしれない。すると、そこからいくら面接を頑張っても、最初のマイナスが面接官の頭に残り続けて、どれだけアピールしても挽回できずに不合格というケースもあるかもしれません。ですから、面接それ自体と同じくらいに面接カードを書くことも、合格するために大切な要素になるのです。
公務員試験 合格する面接・訪問カードの書き方 '15年版
関連記事