_ LECのトライアル模試は簡単じゃない?実は難易度高い? | 公務員試験の合格を応援します!
【スポンサードリンク】

LECのトライアル模試は簡単じゃない?実は難易度高い?

  • カテゴリ:未分類
特別区Ⅰ類に受かりたい受験生に向けたTACの直前対策セミナーが開催されています!教室講義、WEB配信から選べて、教室の場合には定員がありますのでお早めに!扱う内容は総論、政治、経済、法律、論文、面接で、一次試験から二次試験まで、半日くらいかけてバッチリ直前対策が出来ます!2015年度は去年までと比べていろいろと変更点がありますから、この講義で話されるお得な情報によって、受験生の間にも差が生まれる可能性もありますから、TACに通っていない受験生は特にそうですが、特別区に絶対に受かりたい人にはオススメです!
特別区Ⅰ類(事務)対策セミナー申し込みページ


12月くらいからLEC東京リーガルマインドで、トライアル模試が開催されます。受験される方も多いかと思います。このトライアル模試はまだ本番の試験までには時間がある時期に実施されることもあるし、名前も「トライアル」とついていることから、問題は簡単なのでは?と思うかもしれませんけど、多分そうじゃないと思うんです。中にはかなり成績の良い人も出てくるでしょうけど。

例えば、TACでも同じような「チャレンジ模試」というのが実施されますが、こちらも簡単ではないですね。むしろ難しく作ってあるとある講師の人が言っていた記憶があります。チャレンジ模試は私は受けたことはありますけど、確かに思ったより難しかった。トライアル模試は受けたことないのですが、人によってはチャレンジ模試よりも簡単とか、難しいとい感じている人がいるみたいで、難易度の比較は難しいです。

ただ、1つ言えるのは本番の筆記試験の問題(少なくとも東京都庁、特別区あたり)よりは難しいと思います。筆記試験が難しい試験種(地方上級や国家一般職など)より難しいとは言えないかもしれませんけど、それ以外の試験種の本番の問題よりは多少なりとも難しいのではないか?それは他の模試もそうです。模試というものが本番よりも意図的にやや難しく作られていると思うのです。

それは模試の結果を受けて、危機感を感じてもらって、本番までにさらにギアを上げて勉強に集中してもらうという予備校側の狙いがあるのかもしれません。ただ、それを知らないと、ただショックを受けるだけの機会になってしまう人もいるかもしれませんから、一応予備校側の模試に対する思いなどは是非理解しておいてほしいと思います。

ですから、模試は成績がイマイチで当たり前くらいの感覚で良いと思います。さすがに、これはちょっと・・・。と思えるような成績はいけないと思いますけど、平均点よりもやや下くらいの点数ならそこまで気にしないで、勉強をとにかく頑張るだけで良いと思うんですよね。平均点も絶対に高くはありません。多くの人からしたら、こんなに低いの!?と思えるような点数でしょう。それはこの時期はまだ勉強が進んでいない人が多いというのもありますし、問題がそれなりに難易度高い根拠にもなるかもしれませんね。

ですから、模試はちょっと難しいのだから、できなくても気にしない。気にしている暇が合ったら勉強する時間に充てる。とうのが賢い選択でしょう。良い結果が出たならば、油断はしないで、それをモチベーションに変えて、さらに勉強に身が入ると良いでしょうね。模試はあくまでも参考程度に、模試を受けるたびに徐々に成績が上がっていけばいいので、トライアル模試はその出発点でしょうから、あくまでもあまり気にしないようにしましょう。


模試はそれまでの勉強の成果を確認するとともに、これまでの勉強のやり方が正しかったのか?を検証する機会にも利用できます。成績が良かった人、普通の人、イマイチだった人はさほど間違っていたとはいえないでしょうけど、平均点からかなりかけ離れているような人、ショックを受けるレベルの人は勉強方法にやや問題があったのかもしれません。本番までに立て直せるように、勉強方法を適切に正していくと、次の模試では良い結果につながる可能性もあります。参考程度に見て欲しいなと思うのは以下の本です。受かるための勉強法とは、落ちてしまう勉強法とは、何なのか?1度知ってみると良いかもしれません。
関連記事