_ 就活でコートを着るなら知っておきたい「脱ぐタイミング」 | 公務員試験の合格を応援します!
【スポンサードリンク】

就活でコートを着るなら知っておきたい「脱ぐタイミング」

特別区Ⅰ類に受かりたい受験生に向けたTACの直前対策セミナーが開催されています!教室講義、WEB配信から選べて、教室の場合には定員がありますのでお早めに!扱う内容は総論、政治、経済、法律、論文、面接で、一次試験から二次試験まで、半日くらいかけてバッチリ直前対策が出来ます!2015年度は去年までと比べていろいろと変更点がありますから、この講義で話されるお得な情報によって、受験生の間にも差が生まれる可能性もありますから、TACに通っていない受験生は特にそうですが、特別区に絶対に受かりたい人にはオススメです!
特別区Ⅰ類(事務)対策セミナー申し込みページ


就職活動中の方、これから始められる方も多くいると思います。季節的にはこれからどんどん寒くなっていく時期であり、就職活動をされるときにはコートを着用される方も増えるでしょう。ただ、コートを着る場合にはそのマナーについて知っておく必要があるでしょう。是非知っておいてほしいのは、コートをどこで脱ぐか?というタイミングです。

そのタイミングを誤ると、何か不利益があるというわけではないと思いますけど、知っておくと良いのではないでしょうか?タイミングというのは、1番言われているのは、建物に入る前でしょうね。会社説明会や面接を企業のオフィスで受ける場合には、会社のオフィスそのもののビルとか、建物に入る前ですね。また、合同説明会みたいな場合でも同様です。

合同説明会の場合は、よく就活生が建物の外か、中か忘れましたけど、コートを手に持って長蛇の列を作って待っている光景を見たことがあります。というか、毎年の風物詩でしょう。寒い時期にコートを脱いでこんなに待たされるというのは、さすがにちょっと・・・。と思うので、個人的には合同説明会に参加するメリット等も含めて、あまり合同説明会はオススメしません。

合同説明会は良いにしても、個別の企業の説明会のときにはコートは建物の中に入る直前で脱げば大丈夫です。おいということは、建物の外で脱ぐことになるので、ちょっとだけ寒さを感じる瞬間があると思いますけど、我慢しましょう。そして、脱いだコートは手に持ってそのまま建物の中を歩くようになります。コートを脱ぐタイミングってのは、あくまでもそれがマナーとされているものなので、これが適切か?というと、微妙な気はします。

建物の中に入った瞬間に脱いでも、ほとんど変わらないじゃないか?といえば、そうなのかもしれません。マナーにうるさい人が多いかもしれないので、リスクを犯したくないのであれば、一応それを守っておいた方が良いでしょうけど。普通に考えたら、建物の入り口付近で誰かが監視しているようなことは考えづらいですけど。一応マナーはこうなっているみたいですから、知っておいてください。

冬に就職活動をされる方もたくさんいると思いますけど、コートを着る方も多くいると思います。コートは暖かいかもしれませんけど、着用される場合にはいろいろと面倒なことも多いです。今言ったコートを脱ぐタイミングや手に持って歩かないといけないなど、かさばる面もあります。したがって、非常に面倒な点も多いので、コートを着用される場合には覚悟はしてくべきでしょう。それか、コートを着なくても良いように服装に工夫をしていくとか、考えても良いかもしれません。
関連記事