_ 就活等の会社説明会の後にお礼状、メール等は必要か? | 公務員試験の合格を応援します!
【スポンサードリンク】

就活等の会社説明会の後にお礼状、メール等は必要か?

  • カテゴリ:その他
特別区Ⅰ類に受かりたい受験生に向けたTACの直前対策セミナーが開催されています!教室講義、WEB配信から選べて、教室の場合には定員がありますのでお早めに!扱う内容は総論、政治、経済、法律、論文、面接で、一次試験から二次試験まで、半日くらいかけてバッチリ直前対策が出来ます!2015年度は去年までと比べていろいろと変更点がありますから、この講義で話されるお得な情報によって、受験生の間にも差が生まれる可能性もありますから、TACに通っていない受験生は特にそうですが、特別区に絶対に受かりたい人にはオススメです!
特別区Ⅰ類(事務)対策セミナー申し込みページ


就職活動がスタートすると、まずは合同説明会、個別の会社説明会に出席するところから始められる方が多いのではないか?と思います。会社説明会は興味のある企業の生の部分を見られる機会であり、オフィスの中とか、実際に働いている社員の人とか、そういう光景を間近で見られる良いチャンスですよね。ですから、参加される場合には是非有効活用していってほしいと思います。

ただ、こういった説明会に出た場合にはお礼をする必要はあるのでしょうか?あまり説明会でお礼をするというのは聞いたことがないと思いますけど、気になっている方もおられるようです。というか、実際にしている人も少なからずいると思うんですよね。じゃあ、お礼をした方が何らかの形で有利になるのか?というのは皆さん気になるところかもしれません。

普通に考えたら、会社説明会の終了後にお礼をするというのは、あまり行われません。やっている人の方が間違いなく少ないでしょう。そこに目を付けて、お礼のメール、手紙、電話などをすると、人事担当者の印象に残って良いという人もいますが、少なくとも電話に関しては相手の手間もかかるので、避けた方が良いでしょう。メールや手紙は勝手に届くだけで、後は気付いたら開くだけですから、そんなに手間にならないでしょうけど。

印象に残るのはその通りかもしれませんけど、説明会の後にお礼をするのはあまり自然な気はしません。また、面接の後にお礼状を贈ったりするのも、個人的には別にいらないかな?という気がします。他の人は分かりませんけど、私なら「明らかに媚びにきている、点数を上げにきている」というのが目に見えているので、それで評価を上げたりはしません。

他の人事担当者は分かりませんけど、私ならあえてそういう就活生を評価したりはしないでしょう。お礼をするのは、せいぜい内定をいただいた後で十分でしょう。そんな説明会のときからお礼をする必要はないと思っているので。そういう人もいる可能性もあるので、説明会後にお礼をするのは一長一短な可能性もあるということです。

就職活動では、説明会から面接を通して内定を獲っていかないといけません。ただ、多くの人はリクナビ、マイナビを通してエントリーをしていますよね。それはそれで構わないのですが、リクナビやマイナビはほぼ全員が使っている超有名サイトなので、利用者が格段に多い分、そこに掲載されている企業は、エントリー数が自然に多くなってしまい、倍率がどこも非常に高くなってしまうのです。すると、確率的に考えて内定を獲るのは難しいとなってしまいます。

そこでオススメしたいのは他の就職活動支援サイトも併用するということです。リクナビ、マイナビ以外のサイトも活用すると、客観的な内定の確率が上がるでしょう。例えば、「いい就職.com」では、就活生の悩みを解決するセミナーや説明会の開催、履歴書やエントリーシートの添削、模擬面接を通して面接に関する指導やアドバイスを行ってくれます。いつでも専門の相談員がいるので、不安なこと気になったことを相談することができます。1人で行いがちな就活も支えてくれる人、力になってくれる人がいると、やはり違いますよね。本気で内定を手にしたいならば、オススメしたいと思います。

日本の若者の就職応援サイト「いい就職.com」
関連記事