_ 冬に就活生の服装としてコートを着るときのマナーや注意点 | 公務員試験の合格を応援します!
【スポンサードリンク】

冬に就活生の服装としてコートを着るときのマナーや注意点

  • カテゴリ:その他
特別区Ⅰ類に受かりたい受験生に向けたTACの直前対策セミナーが開催されています!教室講義、WEB配信から選べて、教室の場合には定員がありますのでお早めに!扱う内容は総論、政治、経済、法律、論文、面接で、一次試験から二次試験まで、半日くらいかけてバッチリ直前対策が出来ます!2015年度は去年までと比べていろいろと変更点がありますから、この講義で話されるお得な情報によって、受験生の間にも差が生まれる可能性もありますから、TACに通っていない受験生は特にそうですが、特別区に絶対に受かりたい人にはオススメです!
特別区Ⅰ類(事務)対策セミナー申し込みページ


これから季節的には就職活動を始める人も多いのではないでしょうか?公務員試験と両立して就職活動をする人もいるかもしれませんが、これからどんどん気温が寒くなっていきますよね。そのときに問題になるのが服装です。さすがに冬になるとコートを着始める人が増えてくると思いますけど、コートを着る場合にはちゃんとマナーを抑えておいた方が良いでしょう。

コートを着ている人は別に珍しくもないですけど、コートはオフィス内に入ると脱いで手に持って歩かないといけないので、あまり派手なものは選ばない方が良いでしょう。出る杭は打たれやすいのが日本なので、目立つ色やあまり見ない色のコートは選ばない方が無難といえます。じゃあ、何色が良いのか?というと、黒、グレー、紺色、あとはベージュでしょうかね?

この辺りの色は就活生でも着ているのを割とよく見ますから、浮くことは考えづらいです。ただ、ベージュに関しては女子学生はよく着ているのを見ますが、男子学生はあまり見ないかもしれないので、注意が必要です。黒、グレー、紺色に比べると、ベージュはやや派手目の色ですから、選ぶ際にはちょっと注意した方が良いでしょう。

そして、コートについては基本的には外で脱いで会社の中に入ることになります。脱ぐ場合にはあくまでも会社の建物の外で脱ぎます。建物の中に入って、ドアをくぐってから脱ぐのではなく、ドアをくぐる前に脱いで、手に持って、ドアをくぐって中に入るというのが一応の慣習みたいですね。ですから、脱ぐ瞬間というのは、ちょっと寒いかもしれませんが、我慢しましょう。細かいですけど、一応覚えておきましょう。

会社説明会や面接を受けに行く際にはコートは手に持って室内を歩いていくことになります。もし座席に座る機会が生まれたら、コートはカバンを下に置いて、その上に重ねて置くようにしましょう。決して、コートを直接下に置かないように気をつけましょう。また、会社によってはハンガーを貸してくれるかもしれません。さすがに会社内で過ごすときにコートを持って歩くというのは不便ですからね。

特に面接を受けたりする場合には明らかに邪魔になってしまうので、あらかじめハンガーを借りて、どこかにかけせさせてもらえるなら、それに越したことはないでしょう。コートは冬にしか使いませんけど、着用する場合にはいろいろと気をつけないといけないこと、配慮しないといけないことが多数あると思うので、あらかじめそれを知ったうえで就職活動を頑張っていきましょう。そして、寒い時期に頻繁に会社に行くケースも多いと思いますけど、風邪等をひかないように気をつけましょう。

就職活動をする場合には、いかにして内定を獲るか?がカギになりますけど、私から1つアドバイスしたいことは、リクナビとマイナビしか利用しない学生は失敗する可能性が高いと思うのです。それはこの2つのサイトはまず誰もが最初に利用しますよね。メジャーですから当然ですけど。だからこそ、就活生のほぼ全員が利用するといっても過言ではない状況です。すると、どうなるか?そこから応募した企業というのは、非常に倍率が高くなりやすいですよね。

利用者が多いということは、そこに求人が載っている企業というのは、応募が殺到しやすく倍率は自然に高くなりやすいのです。つまり、リクナビとマイナビしか利用していないと、常に高倍率の中で他の就活生と争わないといけないので、非常にきついです。そこで、オススメしたいのは「いい就職.com」を利用することです。こちらは初めて聞いた方も多いと思うのですが、リクナビやマイナビと比べると知名度はやや劣るかもしれません。その分、利用者はさほど多くないので、そこから求人に応募すると、倍率は上がりづらいと思います。

さらに、ここではただ求人に応募するだけで終わらず、履歴書やエントリーシートの添削、模擬面接での指導、各種説明会やセミナーの開催などを行っています。また、経験豊富な相談員に気軽に質問や相談ができる環境が整っているので、孤独で進めがちな就職活動に力強い味方が出来ますよね!就職活動のスタートからゴールまでちゃんとサポートしてくれる体制が整っているという点では、リクナビやマイナビではとても期待できないサービスが受けられますから、本気で内定を手にしたいと思っているのなら、他の就活生に差をつけたいと思っているのなら、利用してみても良いのではないでしょうか?

日本の若者の就職応援サイト「いい就職.com」
関連記事