_ 裁判所職員の小論文の試験はボールペンで書くので注意 | 公務員試験の合格を応援します!
【スポンサードリンク】

裁判所職員の小論文の試験はボールペンで書くので注意

特別区Ⅰ類に受かりたい受験生に向けたTACの直前対策セミナーが開催されています!教室講義、WEB配信から選べて、教室の場合には定員がありますのでお早めに!扱う内容は総論、政治、経済、法律、論文、面接で、一次試験から二次試験まで、半日くらいかけてバッチリ直前対策が出来ます!2015年度は去年までと比べていろいろと変更点がありますから、この講義で話されるお得な情報によって、受験生の間にも差が生まれる可能性もありますから、TACに通っていない受験生は特にそうですが、特別区に絶対に受かりたい人にはオススメです!
特別区Ⅰ類(事務)対策セミナー申し込みページ


裁判所職員の採用試験では、小論文が課されています。この小論文の試験は配点は低く、かつそこまで対策を要するようなテーマは出題されませんけど、1つ重要な問題があります。それは筆記用具はボールペンを使用するということです。鉛筆やシャープペンシルではダメなんですね。理由はよく分かりませんけどね。

ボールペンで書くとなると、当然失敗した場合には消しゴムでは消すことはできません。じゃあ、どうするのか?というと、二重線で訂正をするみたいです。よく履歴書などを書いているときに間違えた場合に行う修正方法と同じみたいです。ただ、できれば間違えないようにしないといけないでしょう。何箇所も間違えてしまうと、二重線だらけになってしまい、明らかに見栄えがよくないので。

修正液や修正テープが使えないので、ミスをしたらかなり目立ってしまいます。ですから、本番の小論文を書く際にはまず下書き路して鉛筆やシャーペンで書いてから、ボールペンで清書をするという方もいるようですね。時間があるのか?どうかは分かりませんけど、綺麗に書くならそっちの方が良いでしょう。ただ、下書きをしたからといって、確実にミスを避けられるとは限りません。

私も以前経験がありますが、履歴書を書いていて、シャーペンで下書きをしたのは良いものの、その下書きの時点で実はミスをしていて、そのミスに気付かずにボールペンで上からなぞって書いてしまったということがありました。気付いたのはボールペンでなぞった後でしたから、もう修正不可能でした。ですから、下書きをしたら、まずその下書きにミスがないか?をチェックしてから、ボールペンで清書をしましょう。

そして、そもそも裁判所職員の小論文ではボールペンを使うということを知らない方もいるかもしれない。直前になって気付くのかもしれませんけど。普通に考えたら論文を書くときに何でボールペンなんだ?って思うでしょうからね。他の試験種でボールペンで論文を書かせるところは見当たりませんし。裁判所職員の試験はかなり特殊な試験形態ともいえるでしょう。別に練習をするということもないですけど、本番の試験では、ミスをしないように気をつけてかいてください。ミスをない方が見栄えが良いので、多少評価は良いかもしれませんから。


裁判所職員の一般職を受験される場合には、以下の過去問題集を使って、小論文の対策をしていくと良いかと思います。裁判所職員の小論文のテーマは独特ですから、過去10年分にどんなテーマが出題されたか?そして、どのように書いていけば、合格点がとれるのか?そういったポイントを解説してくれている参考書になります。配点は少ないですけど、きちんと小論文の対策をしていきたいと考えている方には是非オススメしたいと思います。
dlicense公務員試験対策 裁判所 一般職 論文試験(小論文) 【直前対策】 H15~24 本試験問題(全10問) 答案例集
関連記事