_ 労働基準監督官で働く場合、転勤はどの程度の頻度である? | 公務員試験の合格を応援します!
【スポンサードリンク】

労働基準監督官で働く場合、転勤はどの程度の頻度である?

特別区Ⅰ類に受かりたい受験生に向けたTACの直前対策セミナーが開催されています!教室講義、WEB配信から選べて、教室の場合には定員がありますのでお早めに!扱う内容は総論、政治、経済、法律、論文、面接で、一次試験から二次試験まで、半日くらいかけてバッチリ直前対策が出来ます!2015年度は去年までと比べていろいろと変更点がありますから、この講義で話されるお得な情報によって、受験生の間にも差が生まれる可能性もありますから、TACに通っていない受験生は特にそうですが、特別区に絶対に受かりたい人にはオススメです!
特別区Ⅰ類(事務)対策セミナー申し込みページ


労働基準監督官を目指しているという方も多くいると思います。ただ、この労働基準監督官は働き始めてから、1つ懸念すべきことがあり、それを皆さんも気になっているかもしれません。それは転勤です。転勤と聞くと、良いイメージを持っている人はさすがに少ないだろうと思いますけど、労働基準監督官の場合はある程度大規模な転勤があるようなのです。

数年に1度転勤を経験することになることは覚悟しておいた方が良いということです。そのときに希望の場所などを聞いてくれるか?どうかについては、ケースバイケースのようです。数年に1度は転勤があるということですから、数年に1度は中途採用で新たな職場にくるみたいな、そんな感じのことを経験していくことになるのだと思います。

公務員の中でも、転勤が割と大規模で、頻度も高い方かもしれません。普通の市役所とか区役所で働く職員は転勤がないことはないでしょうけど、あっても同じ市内とか、県内とかなので、それほど大規模なものにはならないでしょうから。引越しをする必要もないくらいの転勤だと思います。ただ、労働基準監督署の場合は、そうはいかないようなので、あらかじめ知っておきましょう。

転勤って、やっぱり皆さん嫌いですよね。私も嫌いですけど。やっぱり慣れない環境に数年後とに行かされるというのは、やっぱり避けたいことでしょうから。民間企業なんかでも、転勤を嫌う就活生は多くいると思います。転勤が頻繁にあるところは、そういう面接でそういう質問がされるはずです。労基署の場合も、面接では「転勤が多いかもしれませんが、大丈夫ですか?」といったことを聞かれる可能性が高いと思います。

あらかじめそういうことを知ってもらうためにも、労基署の職員になる前に聞いておくのでしょう。なってから転勤が嫌だといわれても困りますからね。ただ、そこで転勤は嫌だと答えてしまうと、採用してもらえる可能性はほぼ皆無ではないでしょうか?ですから、労働基準監督官になるには、転勤をある程度飲んでいくしかないのかもしれませんね。労働基準監督官は大変な仕事を日夜行っていくことになると思いますけど、そのうちの1つに転勤が常に付きまとうことは知っておいてください。


労働基準監督官を目指しているという方は、本番の筆記試験までに以下の過去問題集をやっておくことをオススメします。本書は他の労基の過去問題集とは一味違い、問題と解答がそれぞれ切り離し可能です。つまり、コンパクトなサイズにして、いろいろな場所に持ち運びしやすいということです。数年分が収録されているので、そのまま持ち運ぶにはあまりに重いと思いますけど、問題だけを持ち運べれば、自宅だけではなく、大学や電車の中などでも学習ができるのではないでしょうか?
本試験過去問題集 労働基準監督官A 2016年度採用 (公務員試験)
関連記事