_ 公務員試験に合格するために必要な勉強の時間、期間は? | 公務員試験の合格を応援します!
【スポンサードリンク】

公務員試験に合格するために必要な勉強の時間、期間は?

  • カテゴリ:その他
特別区Ⅰ類に受かりたい受験生に向けたTACの直前対策セミナーが開催されています!教室講義、WEB配信から選べて、教室の場合には定員がありますのでお早めに!扱う内容は総論、政治、経済、法律、論文、面接で、一次試験から二次試験まで、半日くらいかけてバッチリ直前対策が出来ます!2015年度は去年までと比べていろいろと変更点がありますから、この講義で話されるお得な情報によって、受験生の間にも差が生まれる可能性もありますから、TACに通っていない受験生は特にそうですが、特別区に絶対に受かりたい人にはオススメです!
特別区Ⅰ類(事務)対策セミナー申し込みページ


公務員試験で合格するには一体どれだけの勉強時間が必要でしょうか?これは大卒程度の行政職の公務員試験ということになると、大雑把に言うと1年くらいは見積もった方が良いと思います。国家公務員、地方公務員どちらにしても、それくらいの余裕を持った方が良いと思うのです。一応大学生という前提で置きますと、大学の授業に出ながら、公務員試験の勉強もしないといけないので、非常に大変です。

実際は別に1年間勉強しなくても大丈夫な場合はありますけど、余裕を持ったうえでいうと1年間くらいはやはり必要だと思います。中には半年とか数ヶ月で合格したという例もありますけど、そういう人はもともと公務員試験に適正が大有りだったり、1日の勉強量がかなり人じゃないか?と思うのです。1日の5時間も6時間もできるような人なら、確かにそれくらいの期間でも合格を狙えるかもしれません。

ただ、既卒の人など大学に通っていない人はまだ可能かもしれませんけど、大学生の方や社会人の方でそれだけの勉強量を毎日継続していくというのは非常に難しいと思います。そうなると、1日数時間という勉強時間をもとにすると、それで公務員試験の筆記試験当日までに間に合わせるならば、やはり1年間くらいは見積もった方が適切だと思います。

特に予備校に通っている人になると、大学の授業の他に予備校の授業も受けるわけですよね。そして、その復習が必要になる。これはかなり大変な毎日を送ることになるのでは?と思います。予備校も別に毎日通うわけではないでしょうけど、上手く大学の授業の合間に通って、その復習もしていくのは意外にきついと思います。

教養試験だけの試験種を目指しているのなら、必要な時間はその半分くらいかな?と思いますけど、ちゃんと専門科目をやるとなると、やはり1年間は見積もった方が安全です。1年も要らなかった。という状況が発生するのは構いませんけど、半年じゃ足りなかった!という状況が起きるのは困るわけです。ですから、1年もいらない人はいると思いますけど、1年間くらいをあえて見積もった方がより確実です。

また、これはあくまでも筆記試験の話であって、面接試験の話は含みません。面接試験はそんな早くから対策をする人はあまりいないと思いますけど、筆記試験終わってから対策しても間に合うケースもあるので、今回は面接試験の話は含んでいません。あくまでも筆記試験のことだけです。毎年5月くらいから公務員試験の筆記試験はスタートしますから、その1年前、大学生でいえば、3年生の5月くらいに勉強を始めていった方が良いと思います。


公務員試験の筆記試験は教養試験、専門試験を合わせると全部で30科目近くになります。そういった試験ですから、いかに効率よく勉強していくか?それを考えないで適当にやっていると、1年間を用意しても間に合わない可能性が出てきます。基本的にこれだけ膨大な科目がある中で合格を掴むには、捨てる科目、重点を置いて取り組む科目、それなりに取り組む科目、ちょっといい加減に取り組む科目など、上手く時間を有効活用して、いかに最大限の点数を挙げるか?を考えないといけません。公務員試験の場合は、勉強の取り組み方からテクニックが必要で、それができないと、不合格まっしぐらの可能性すらあります。本書では、これから公務員試験の勉強を始める方、または始めたばかりの方に向けて、今挙げたような情報を特に載せてくれている指南書になります。公務員試験に本気で合格したいなら、オススメしたいと思います。
公務員試験受かる勉強法落ちる勉強法 2016年度版
関連記事