_ 公務員試験に内定し、採用が決定して暇でやることがない人へ | 公務員試験の合格を応援します!
【スポンサードリンク】

公務員試験に内定し、採用が決定して暇でやることがない人へ

  • カテゴリ:その他
特別区Ⅰ類に受かりたい受験生に向けたTACの直前対策セミナーが開催されています!教室講義、WEB配信から選べて、教室の場合には定員がありますのでお早めに!扱う内容は総論、政治、経済、法律、論文、面接で、一次試験から二次試験まで、半日くらいかけてバッチリ直前対策が出来ます!2015年度は去年までと比べていろいろと変更点がありますから、この講義で話されるお得な情報によって、受験生の間にも差が生まれる可能性もありますから、TACに通っていない受験生は特にそうですが、特別区に絶対に受かりたい人にはオススメです!
特別区Ⅰ類(事務)対策セミナー申し込みページ


公務員試験に合格し、内定も貰って一安心という人も多いと思います。さて、内定が出ると、多くの人は実際に働き始める4月になるまで暇を持て余すという人もいるでしょう。することがなくて困っているという人も案外多いのかもしれません。民間企業の場合は、内定式や研修や課題で、あるべきことを与えられるかもしれませんけど、公務員試験の場合はそういったものはあまりないと思います。ですから、基本的に暇です。

有意義に過ごすという意味では、実際に公務員として働くまでの間を何をすべきか?実際に公務員として働くうえで、必要なことを経験しておく。必要な能力やスキルを少しでも磨いていく。こういったものは非常に優等生的な回答ですね。そういったことをしようと思えるのなら、まさに公務員の鑑ともいえる人だと思いますけど、別にそこまで実際にやる必要はないでしょう。

どうせ研修が最初にあるので、そこで公務員として相応しい人間に徐々になっていければ良いだけであって、働き始める前から、もうすでに仕事のために動いていく必要性はそんなにないと思います。やりたい人はやって構わないと思いますけどね。働き始めたら、もう長期休暇もとれないし、週2日の休日以外なかなか休みはとれません。公務員も民間企業も。

そうなると、ある程度まとまった休みをとれる最後のチャンスかもしれないってことです。ですから、やりたいことをやる期間に当てて良いと思いますよ。気分よく過ごせた方が4月から働き始める際には気持ちよく臨めるのではないでしょうか?今しかできないことっていくつかあると思うんですよね。例えば、旅行に行くとか、そういったことは働き始めると自由にはできづらいですからね。公務員にもちょっとした長期休暇はだいたいどこもあると思うんですけど、もう1ヶ月以上の休みは学生を離れるとまずありえないでしょう。

今しか出来ないこと、学生のうちだからできることを是非最後にやってみてはいかがでしょうか?特にないのなら、ダラダラ過ごすっていうのも逆にありじゃないか?と思いますけどね。私も学生の夏休み期間とかは、かなりダラダラ過ごしていましたけど、それはそれで良い思い出でしたよ(笑)ダラダラ過ごせる時間ってのも、ある意味いつでもとれるわけではないですから。

あとはありがちなのはアルバイトをするとかですかね?仕事人間になるまでの間の時間をまた仕事に費やすというのは、私ならやらないと思いますけど、暇でしょうがなくて、アルバイトしていた方がマシとかなら良いかもしれませんね。その稼いだお金でまた何かできれば、それはそれで意味があることでしょう。別にレギュラーのバイトじゃなくて、短期や単発バイトならば、そんなに負担にならないでしょうからね。


実際に公務員になる前にちょっとくらいは実際に公務員がどういう仕事をしているのか?は勉強していても損はないかもしれません。働き始めるうえでのモチベーションアップにもつながるでしょうし。なんとなくイメージができているという人もいるかもしれませんけど、実は知らないことも多いですし、予想もしていなかった仕事をいざ任せられるのが公務員です。普通の人、まだ公務員として働いていない人ならまず知らないような新たな仕事における大発見があるのではないでしょうか?
公務員の「お仕事」と「正体」がよーくわかる本―本当のところどうなの?
関連記事