_ 国税専門官の専門記述試験で、文字数は気にしなくて良い | 公務員試験の合格を応援します!
【スポンサードリンク】

国税専門官の専門記述試験で、文字数は気にしなくて良い

特別区Ⅰ類に受かりたい受験生に向けたTACの直前対策セミナーが開催されています!教室講義、WEB配信から選べて、教室の場合には定員がありますのでお早めに!扱う内容は総論、政治、経済、法律、論文、面接で、一次試験から二次試験まで、半日くらいかけてバッチリ直前対策が出来ます!2015年度は去年までと比べていろいろと変更点がありますから、この講義で話されるお得な情報によって、受験生の間にも差が生まれる可能性もありますから、TACに通っていない受験生は特にそうですが、特別区に絶対に受かりたい人にはオススメです!
特別区Ⅰ類(事務)対策セミナー申し込みページ


国税専門官では、一次試験で専門記述試験が課されます。この専門記述試験は特に文字数は指定されていないのかもしれませんが、800~1200字くらいは埋めた方が良いということがちらほらいろいろなページで書かれています。フルで書くとどれくらいになるのか?分かりませんけど、文字数は極端に少なくなければ気にする必要はないと思います。

文字数を意図的に増やす必要はないと思うのです。やはり大切なのは中身であり、中身が詰まった文章ならば、それなりの文字数にはなると思うからです。ですから、文字数が少なくて、意図的に増やした文章というのは、結果的に中身のない文章には変わりない可能性がある。文字数を増やしたところで、大して点数は変わらない可能性もあるのです。

そういった意味で、最低800字くらいあれば、後は文字数を気にしてもしょうがない。中身を磨くべきとなるでしょう。ただ、80分あるんですよね。国税専門官の場合は、800字以上ということを目安とするならば、80分で800字を1題というのは、時間にかなり余裕があると思います。東京都の専門記述と比べると、大分時間的な余裕がある。

したがって、国税専門官の場合は要求される答案のレベルが高いとする声もあります。ただ、これはどうなんでしょうね?時間的余裕があるから、もっと高いレベルのことを書かないといけないというのも意味が分かりません。時間があれば、それだけたくさんの文字数は書けるけど、=それがレベルの高い答案か?どうかは別問題です。先ほども言ったように文字数と答案の中身の精度は比例しないと思いますし。

確かに80分で最低800字だと、時間が足りないということはなかなかないでしょう。特に暗記してきたのがズバリ出たような人は、時間が余ってしょうがないくらいかもしれない。つまり、レベルの高い答案が書けるか?どうかというのは制限時間は関係ないのです。事前にどれだけ勉強をしてきたか?どれだけたくさんの論点を、より緻密に覚えることができているか?つまり、レベルの高い答案を書くための努力は、試験が始まる前の段階までしかできません。試験が始まった後には、もうその時点で持っている知識を生かすしかないので、制限時間が長くても、試験中には努力をする余地がほとんどないのです。ですから、時間が長ければよりレベルの高い答案が書けるということにはならないと思います。

したがって、制限時間が長いといっても、それだけレベルの高い答案を書かないといけないことにはならないと思います。とはいっても、試験中にも少しでも分かりやすく、説得力を持たせられるような書き方がをしていくべきでしょうけど。文字数については最低800字くらいあれば、後は何文字でも気にしないということです。大切なのはあくまでも内容であって、字数ではありませんから。


国税専門官の専門記述では、とにかく会計学が1番オススメ!それ以外に一気に難易度が上がりやすいと言われています。「国税専門官の専門記述で1番オススメなのは会計学」の記事参照をお願いします。ですから、1番理解がしづらいと思われているかもしれませんが、得点がとりやすいのは会計学である可能性が高いです。会計学はほとんど暗記でOKということと、専門記述でも結構簡単な論点しか出ないので、対策がしやすく、本番でも点数がとりやすいとされています。したがって、本書のような参考書を使って勉強すると、非常に良いと思います。
国税専門官会計学―記述式
関連記事