_ 国税専門官の専門記述で1番オススメなのは会計学 | 公務員試験の合格を応援します!
【スポンサードリンク】

国税専門官の専門記述で1番オススメなのは会計学

特別区Ⅰ類に受かりたい受験生に向けたTACの直前対策セミナーが開催されています!教室講義、WEB配信から選べて、教室の場合には定員がありますのでお早めに!扱う内容は総論、政治、経済、法律、論文、面接で、一次試験から二次試験まで、半日くらいかけてバッチリ直前対策が出来ます!2015年度は去年までと比べていろいろと変更点がありますから、この講義で話されるお得な情報によって、受験生の間にも差が生まれる可能性もありますから、TACに通っていない受験生は特にそうですが、特別区に絶対に受かりたい人にはオススメです!
特別区Ⅰ類(事務)対策セミナー申し込みページ


国税専門官の専門記述では、その科目を選ぶべきでしょうか?いろいろな科目から選べますよね?どの科目でも選べるように、いくつもの科目を用意しておくべきという話はよく聞きます。確かに本番の問題を見て、臨機応変に対応できるように、いくつも科目を勉強しておくというのは大切なことでしょう。ただ、国税専門官の場合は絶対にやっておいてほしい科目があります。

それは会計学です。専門記述試験では、おそらく会計学を出すのは国税専門官くらいでしょう。会計学というと、択一試験の方でも出題されますけど、こちらは捨てる人もいるかもしれません。択一試験の会計学については、勉強はしづらいかもしれませんけど、過去問の類似問題しかほぼ出ないので、是非やってほしいと思います。

さて、専門記述の会計学については、多くの人が口を揃えるのは、問題が簡単ということなんです。本当に簡単!他の科目と比べても範囲は狭いです。多くの人が選びそうな憲法などと比べるとかなりの差があると思われます。それは範囲の広さも難易度も。ですから、憲法の方が勉強していて馴染みもあるし、選びがちな科目なんですが、かなり難しく、良い点数をとるのは困難なので、あまりおすすめできないようですね。

会計学は意外に簡単なのです。会計学って、そもそもどういう科目なのか?と想像すらできない人もいるかもしれませんけど、多くは暗記するだけです。択一試験の方もちょっと覚えづらさはあるかもしれませんけど、覚えてしまえば、かなり点数はとりやすいと思います。国税専門官は会計学は必須ですから、どうせなら勉強して択一でも、専門記述でも点数とれるように準備しておいた方が良いでしょう。

択一にしろ、専門記述にしろ、会計学は他では出ませんから、敬遠したくなる気持ちも分かりますけど、国税専門官を合格可能性を格段に上げるには、この会計学をやっておくことは非常に大切だと思います。会計学を敬遠したくなる受験生が多いかと思いますけど、択一にしろ、専門記述にしろ、実は会計学をやることが、非常に大切だといえそうです。


国税専門官の専門記述では、会計学がおすすめですが、会計学の専門記述の対策は「スーパー過去問ゼミ」で可能です。専門記述の対策のための参考書はあまり出回っていないことが多いですけど、会計学の場合は、択一試験の勉強とともに、同じ問題集で対策が可能です。難易度的にも、範囲の狭さ、勉強しないといけない量的にも、国税専門官の志望度が高い方は、専門記述対策として、会計学を準備しておくことを強くおすすめしたいと思います。
公務員試験 新スーパー過去問ゼミ4 会計学
関連記事