_ 公務員試験の生物で特に頻出と思われる範囲は? | 公務員試験の合格を応援します!
【スポンサードリンク】

公務員試験の生物で特に頻出と思われる範囲は?

特別区Ⅰ類に受かりたい受験生に向けたTACの直前対策セミナーが開催されています!教室講義、WEB配信から選べて、教室の場合には定員がありますのでお早めに!扱う内容は総論、政治、経済、法律、論文、面接で、一次試験から二次試験まで、半日くらいかけてバッチリ直前対策が出来ます!2015年度は去年までと比べていろいろと変更点がありますから、この講義で話されるお得な情報によって、受験生の間にも差が生まれる可能性もありますから、TACに通っていない受験生は特にそうですが、特別区に絶対に受かりたい人にはオススメです!
特別区Ⅰ類(事務)対策セミナー申し込みページ


公務員試験の自然科学では、生物は多くの人がやると思うんですけど、結構範囲が広いですよね。生物は暗記でどうにかなる部分が多いとはいえ、非常に量が多いので、全部やろうとすると、かなり時間がとられてしまいます。全部できるならやった方が良いのですが、他の科目との兼ね合いもあるので、頻出範囲だけをやるというのもありでしょう。

ただ、生物の場合はほとんど出ない範囲が2、3割くらいで、それ以外はほぼ均等くらいの割合で出るというデータもあるみたいです。そう考えると、頻出範囲があまりにも多すぎるということも言えますけど、じゃあどうするか?ということです。全て頻出という状況に近いかもしれないけれど、その中でも個人的にかなり出やすいと思うのは、生物Ⅱの範囲にあたる「呼吸と酵素」の分野です。

この分野は、個人的な体感度合いでいうと、1番出題されていた気がするのです。それは模試とか本番の筆記試験などを通して。たまたまそのときどうだったかもしれないという可能性もありますけどね。呼吸と酵素っていうのは、参考書や問題集によって名称が異なるかもしれません。あれですよ。クエン酸回路、電子伝達系、ストロマ、クリステ、乳酸発酵、化学合成とか、そういう単語が出てくる範囲です。

この範囲は範囲自体が結構広くて、いろいろなものを学ばないといけません。したがって、非常に時間はかかりそうです。やることはほとんど暗記だと思うんですけど、いかんせん覚えづらいです。ややこしいのです。時間をかければなんとかならないこともないですけど、個人的な経験でいうと、かなり苦戦した範囲です。その癖にかなり出やすかったのです。

公務員試験の生物は、生物Ⅱと言う謎範囲まで対象になっています。大学受験は生物Ⅰまでなのに、この生物Ⅱという範囲は本当に鬼畜です。何でここまで出題するんだろう?と思わずにはいられませんけど、そこが出題範囲に含まれていて、かつ頻繁に出やすい分野があるのなら、やるしかないのが現状でしょうか。個人的には、同じく頻出範囲の「遺伝」よりはマシかな?という気はします。


公務員試験の生物は、過去問題集の繰り返しが1番適当な気がします。特に生物Ⅱの範囲については、参考書等も乏しいので、過去に出題された問題を繰り返し解いていって、それで必要な知識を身に付けていくのが良いような気がします。個人的におすすめしたいのは、掲載されている問題が多いクイックマスターです。生物Ⅰ、Ⅱの範囲が網羅されており、近頃最新の改訂版の4版が発売になります。生物を学習する際の参考書や問題集として利用してみましょう。
公務員試験 過去問新クイックマスター 自然科学II <第4版> (生物・地学)
関連記事