_ 「前職を辞めた理由を教えてください」という質問の答え方 | 公務員試験の合格を応援します!
【スポンサードリンク】

「前職を辞めた理由を教えてください」という質問の答え方

特別区Ⅰ類に受かりたい受験生に向けたTACの直前対策セミナーが開催されています!教室講義、WEB配信から選べて、教室の場合には定員がありますのでお早めに!扱う内容は総論、政治、経済、法律、論文、面接で、一次試験から二次試験まで、半日くらいかけてバッチリ直前対策が出来ます!2015年度は去年までと比べていろいろと変更点がありますから、この講義で話されるお得な情報によって、受験生の間にも差が生まれる可能性もありますから、TACに通っていない受験生は特にそうですが、特別区に絶対に受かりたい人にはオススメです!
特別区Ⅰ類(事務)対策セミナー申し込みページ


数ある公務員試験の中の面接の中でも答えづらい質問のうちの1つではないでしょうか?これはすでに就業経験を持っている方限定の質問ですが、公務員試験の中でも非常に回答に悩む方が続出しそうな気はします。しかし、そう思った方!それは間違いです!この質問を文字通り読んでしまってはいけないのです。実は答え方にはコツがあります。

前職を辞めた理由というのはどう転んでもマイナスにしかなりえません。しかし、この質問はそういうマイナス面を聞いているのではないのです。文字通り、前職を辞めた理由、「人間関係につまずいて」とか、「給料が安くて」とか、「やりがいが感じられなくて」といったマイナス面を答えてはいけないと思います。要するに、「前職を辞めた理由」という質問に前職を辞めた理由を答えてはいけないのです。

この質問は裏返せば公務員の志望動機を聞いているという風に捉えましょう。どういう意味?って思われるかもしれません。これは分かりづらいですよね?これは実は「公務員の志望動機」を聞かれているのに等しい質問なのです。つまり、「前職を辞めてまで公務員を志望した理由は何なんですか?」という質問と捉えるべきなのです。そうすると、前向きな答え方ができるかもしれません。

実際の面接で「前職では上司が嫌いで...。」なんて答えたら、面接官にはマイナスの印象しか残らないでしょう!しかし、「私は公務員になって○○を実現したいと思い、前職を辞めて公務員を志望しました!」と答えれば、非常に前向きな印象です。そのような感じで、この質問に対して向き合ってもらえれば面接官の高評価を得られるのではないでしょうか?

以上のように、公務員を目指した志望理由をそのまま、この前職を辞めた理由につなげるとスムーズにいくと思います。質問の捉え方をちょっと変えてみると、案外良い答え方ができるケースも多々あると思います。少しでも面接官にとって良い人物に映るためには、答え方もちょっと工夫してやると、非常に良い面接になるかな?と思います。
関連記事