_ 公務員試験ダメだったら、どこにも受からなかったら | 公務員試験の合格を応援します!
【スポンサードリンク】

公務員試験ダメだったら、どこにも受からなかったら

  • カテゴリ:その他
特別区Ⅰ類に受かりたい受験生に向けたTACの直前対策セミナーが開催されています!教室講義、WEB配信から選べて、教室の場合には定員がありますのでお早めに!扱う内容は総論、政治、経済、法律、論文、面接で、一次試験から二次試験まで、半日くらいかけてバッチリ直前対策が出来ます!2015年度は去年までと比べていろいろと変更点がありますから、この講義で話されるお得な情報によって、受験生の間にも差が生まれる可能性もありますから、TACに通っていない受験生は特にそうですが、特別区に絶対に受かりたい人にはオススメです!
特別区Ⅰ類(事務)対策セミナー申し込みページ


公務員試験も市役所C日程を終えて、いよいよ佳境に入ってきています。今年の公務員試験もだいたい終焉でしょうか?国家公務員では、採用面接や官庁訪問、後は特別区の区面接を終えていない人もいると思いますけど、ここまで進めていない人は持ち駒がほぼない状態といえるかもしれません。

現時点で内定がない人の場合は、今後どうするか?というのを決めないといけません。以前、「」の記事で公務員浪人について書きました。公務員浪人をすることは私はある程度推奨したいと思います。公務員浪人をするというのも、1つの選択肢でしょう。もう1年公務員試験を頑張るというのも、1つの道ですが、それ以外の道もあると思います。

例えば、民間企業に就職を目指すというものです。今年1年やってダメだったということは、今から民間の就職活動に切り替えてやるというのも、時間は残っているので、不可能ではないでしょうけど、残り少ない時間で内定を手にするというのも、また難しい話でしょう。そうなると、最悪の場合、民間の就職を目指す場合でも、また来年から1年間頑張る必要性が出てくるでしょう。

留年をしないのであれば、既卒になってしまうことになります。既卒というと、完全にマイナスイメージかもしれませんけど、今はそれほどでもないと思うのです。要は既卒の印象がよくないのは、既卒を積極的に受け入れている企業がそう多くないからです。受け入れている企業が多くないということは、それだけ既卒に一種の偏見を持っている企業が多いということでしょう。

じゃあ、既卒はやっぱり不利なのか?単純に考えてはいけないと思うのです。既卒を受け入れている企業が少ないからといって、不利になるとは限らないということです。ここでの不利というのは、新卒に比べてということです。新卒と既卒では、人数が違います。既卒の中でもいろいろな年齢層がいますし。新卒に群がるじゃないですか?今の大学生は。それは新卒じゃないと就職できないと思っているからです。

だから、みんな新卒カードを守るために新卒で居続ける。それは留年などをしてでも新卒に居座るので、新卒人口が物凄い多いのです。相対的に既卒の人数は減りつつあります。新卒人口が爆発的に多くなると、新卒は求人数も多いけど、それらを多く居るライバルと一緒に奪い合わないといけないので、内定を採るのはなんやかんやで難しい。既卒の人数も多いですけど、彼らの多くはやり方を間違っている気がします。

既卒の人が就職活動をするときに、中途採用の求人に応募している人が多い気がします。既卒というのは、世間一般てきに言えば、中途採用扱いかもしれませんけど、そうなると正社員としての就業経験のある人たちと戦って勝てるわけがないのです。だからこそ、既卒は不利と見られているのかもしれません。じゃあ、中途作用と一緒に戦わなければ良いのです。要は既卒は既卒の人同士で争えば良い。そうすれば、ライバルも既卒のみだから、既卒であることが不利になりません。

世の中には既卒だからこそ受け入れている企業が少なからず存在しています。既卒の人が就職活動をするときには、そういう企業を探して受けて行かないと、現実的に内定は期待できません。逆にこれができれば、内定の可能性は格段に上がると思います。新卒に群がる人が増えて、相対的に既卒の人口が減りつつある。そして、既卒の中で正しいやり方を実践できている人は、あまり多くないと思うので、その中の1になれれば、既卒も大してハンデにならないような気がします。
関連記事