_ 国家一般職の論文試験の採点での足きりについて | 公務員試験の合格を応援します!
【スポンサードリンク】

国家一般職の論文試験の採点での足きりについて

特別区Ⅰ類に受かりたい受験生に向けたTACの直前対策セミナーが開催されています!教室講義、WEB配信から選べて、教室の場合には定員がありますのでお早めに!扱う内容は総論、政治、経済、法律、論文、面接で、一次試験から二次試験まで、半日くらいかけてバッチリ直前対策が出来ます!2015年度は去年までと比べていろいろと変更点がありますから、この講義で話されるお得な情報によって、受験生の間にも差が生まれる可能性もありますから、TACに通っていない受験生は特にそうですが、特別区に絶対に受かりたい人にはオススメです!
特別区Ⅰ類(事務)対策セミナー申し込みページ


国家一般職の論文試験には足きりがあるとされています。国家一般職の場合は、それほど配点は高くないものの、この基準点を越えられないと、その時点で不合格、それ以外の筆記試験や面接試験にかかわらず不合格になってしまうという、ちょっと残酷な面がありますね。足きりがあるのは論文だけではないですけど。

足きりがあるとされているのは面接もそうですし、他の筆記試験もそうでしょう。ただ、教養試験と専門試験の場合は、具体的な点数として基準点が設けられているので、それを越えるか?越えないか?というのは、自分の手応えで如実に分かるはずです。国家一般職は問題用紙持って帰ることが可能ですから、自己採点もできますし。

ただ、面接もそうですけど、論文はそうはいきません。自分の書いた答案がどれくらいの評価を受けるか?具体的に何点か?評価はいくつか?といったものが全く予想できません。というか、ダメな論文だと自分でも自負している場合は基本的にダメなことが多いような気がしますけど、自分としては良い論文が書けたと思っても、それがダメ評価な場合は結構あると思うのです。

論文の足きりは、採点者の裁量によるところも大きいし、基準点をちゃんと越えているのか?という、基準自体が多分曖昧でしょうから、受験者には予想が非常に難しいものとなってしまいます。その基準点というのも、あくまでも足きりのラインですから、客観的に見たら結構低いところに設定されているでしょうし、足きりに引っかかる人数や割合というのも、そう多くはないはずです。

ですから、自分としてはちゃんとしたレベルのものは書けているとするならば、よほどのことがない限り基準点を下回るというのは考えづらいですけどね。採点者の裁量もちょっとかかわってくるとはいえ、自分の手応えとして大丈夫だと思うのなら、大丈夫じゃないでしょうか?基準点を下回るとは思えない。割と書けた。という手応えなら自信を持ちましょう!

論文については、択一試験みたいにはっきりとした点数が自分としても分からないために、不安になる気持ちも分かりますけど、それを考えても何も解決しないし、過ぎたものは取り返せないので、国家一般職の受験者の人は二次試験の面接対策に力を入れましょう。これから受験するという方は、国家一般職の足きりを回避するために、他の試験種で良い点数をとるために、論文試験の勉強をとにかく頑張りましょう!


国家一般職も、それ以外の試験種でも使えるオススメの参考書です。本書の特徴は、本当に初心者の人でも、少しずつ上手い論文が書けるように構成がなされていることです。20個ほどのテーマに分かれていて、それらについて必要な知識、知っておいてほしい近年の話題等をまずおさらいしており、その後に実際に過去に出題された論文について解答例が載っています。その際にはまず、この問いは何を聞いているのか?何を書けば問いに答えたことになるのか?等の初歩の初歩から解説してくれており、解答例については、どうしてこれを書いたのか?これを書かないといけない理由は?など、とにかく理由づけがされていて、納得して読んでいくことがしやすいです。
地方上級・国家一般職[大卒]・市役所上・中級 論文試験 頻出テーマのまとめ方 2015年度
関連記事