_ 特別区の足立区の区面接再現による傾向と対策 | 公務員試験の合格を応援します!
【スポンサードリンク】

特別区の足立区の区面接再現による傾向と対策

特別区Ⅰ類に受かりたい受験生に向けたTACの直前対策セミナーが開催されています!教室講義、WEB配信から選べて、教室の場合には定員がありますのでお早めに!扱う内容は総論、政治、経済、法律、論文、面接で、一次試験から二次試験まで、半日くらいかけてバッチリ直前対策が出来ます!2015年度は去年までと比べていろいろと変更点がありますから、この講義で話されるお得な情報によって、受験生の間にも差が生まれる可能性もありますから、TACに通っていない受験生は特にそうですが、特別区に絶対に受かりたい人にはオススメです!
特別区Ⅰ類(事務)対策セミナー申し込みページ


特別区の足立区の区面接は、そんなに厳しい面接にはならないようです。過去に受験された人の話によると、ほとんど最初から採用が決まっているような話しぶりで、あまり面接って感じではなかったようです。ほとんど意向確認に形みたいです。この人は実際に合格したみたいですが、それが全員というわけではないと思いますけど。

足立区の質問事項はそんなに変わったものはないと思いますけど、過去にされた質問の中で気になったのは「自分を採用しないと、ここを損するというところはありますか?」という質問です。これは自己PRを聞いているに等しいと思うのですが、足立区志望の人、足立区の面接を実際に受ける人は、熱意が伝わるようにちゃんと考えておきましょう。

また、足立区では、面接の前に10分程度の面談があるみたいです。面接と何が違うか?というのはよく分かりませんけど、おそらく面接みたいな雰囲気ではなく、雑談が出来るような場なのではないでしょうか?面接の前に職員の人たちを話せる良い機会だと思いますから、面接の練習にもちょっとなるかもしれませんね。今も実施されているか?は分かりませんけど。

足立区の区面接は全体的に和やかとはいかないかもしれませんけど、そんなに厳しい雰囲気でもないようですから、リラックスして臨んでみましょう。面接時間はだいたい25分前後くらいみたいですから、やや長いかもしれません。あと、足立区の区役所に行ったか?とか、行った場合にはその感想を聞かれるみたいです。

区面接では、その区の区役所に行った方が良いのは間違いないと思うので、事前に面接が決まった時点で、面接当日までに区役所に行ってみましょう。自分なりに感じたことをメモしておけば、面接当時でも話しやすいと思いますから。これから区面接で足立区を受験される方は参考にしてもらえればと思います。それでは、区面接頑張ってください!
関連記事