_ 特別区の千代田区の区面接再現による傾向と対策 | 公務員試験の合格を応援します!
【スポンサードリンク】

特別区の千代田区の区面接再現による傾向と対策

特別区Ⅰ類に受かりたい受験生に向けたTACの直前対策セミナーが開催されています!教室講義、WEB配信から選べて、教室の場合には定員がありますのでお早めに!扱う内容は総論、政治、経済、法律、論文、面接で、一次試験から二次試験まで、半日くらいかけてバッチリ直前対策が出来ます!2015年度は去年までと比べていろいろと変更点がありますから、この講義で話されるお得な情報によって、受験生の間にも差が生まれる可能性もありますから、TACに通っていない受験生は特にそうですが、特別区に絶対に受かりたい人にはオススメです!
特別区Ⅰ類(事務)対策セミナー申し込みページ


東京都千代田区の区面接では、特にこれといった特徴はないと思われるものの、千代田区への熱意というか、千代田区を志望する意思があまり見えない場合は、表面上はそれっぽいことを言っていても、「それって千代田区じゃなくても良いのでは?」と追求されてしまうそうですね。こちらから面接を受ける区選べないのに、その追求はないだろう・・・。と、個人的には思いますけど。

ただ、結局はどこの区を受けるにしろ、面接官にその区で働きたい熱意が伝わらないと多分無理でしょうから、事前の面接対策では、その区について徹底的に調べることが大切でしょう。別にその区じゃないとできないことかを挙げる必要はないと思いますけどね。働き始めていない受験生に、そこまで行政のことを調べるのは厳しいでしょうし。

あと、千代田区の面接の特徴としては、過去の受験生の話では、面接終了後に30分程度の実際に働いている職員の人に質問する時間があるそうです。今年もあるか?どうかは確実には言えませんけど。これは面接官の人ではないので、選考に関係があるのか?は不明ですけど、一応そういう時間が設けられる可能性もあるということです。質問する時間があるといっても、そういうのは面接を受ける前に設けるべきじゃないか?と思うんですけどね。

面接を終わった後に聞きたいことを聞くことに意味がないとは言いませんけど、多くの人は面接前に聞きたいのではないでしょうか?これって1対1なのか?どうか分かりませんけど、30分というのは結構長い時間なので、聞きたいことがあればそれで良いですけど、聞きたいことが特にない場合でも、何かしら質問を考えてから行かないと場が持たないかもしれません。

面接時間は約30分程度みたいで、かなり長いほうだと思います。千代田区は東京都の中でも、割と都心の方にあって人気区だと思われます。倍率が高いか?どうかは分かりませんけど、そんなに簡単に合格できる区ではない気がします。特別区の中では、多くの志望している区かな?という気もしますし、もし千代田区から提示があったなら、頑張って合格できるように面接対策をしていきましょう!
関連記事