_ 公務員試験に受かる人=単純に面接映えする人 | 公務員試験の合格を応援します!
【スポンサードリンク】

公務員試験に受かる人=単純に面接映えする人

  • カテゴリ:その他
特別区Ⅰ類に受かりたい受験生に向けたTACの直前対策セミナーが開催されています!教室講義、WEB配信から選べて、教室の場合には定員がありますのでお早めに!扱う内容は総論、政治、経済、法律、論文、面接で、一次試験から二次試験まで、半日くらいかけてバッチリ直前対策が出来ます!2015年度は去年までと比べていろいろと変更点がありますから、この講義で話されるお得な情報によって、受験生の間にも差が生まれる可能性もありますから、TACに通っていない受験生は特にそうですが、特別区に絶対に受かりたい人にはオススメです!
特別区Ⅰ類(事務)対策セミナー申し込みページ


公務員試験で受かりやすい人、落ちやすい人って、どういう人でしょうか?簡単に言ってしまうと、面接が得意か?否か?です。近年は民間企業と同じような採用の仕方をしているところが多く出てきました。面接というのは、その人をよく見ることができる。筆記試験では分からない人柄とかを具に観察できる。それが一応メリットなんでしょう。

しかし、言い返してみると、面接官を勤める人間の裁量にかなり委ねられてしまい、恣意的な理不尽な採用が行われてしまう可能性をかなり残しています。公務員試験で落ちる人というのは、よく言われているのは筆記試験は受かるけど、面接は受からないということです。これは客観的に見たら面接が苦手な人となってしまうのでしょう。ただ、評価は誰が見ても一律ではないので、本当にこの人の面接がちょっと問題なのか?というのは分かりません。

いわゆる面接映えしない人というのは間違いなくいます。そういう面接映えしな合い人は採用しないべきと考えるか?どうかはまた別問題だと思います。普通に考えたら、面接での印象と実際の仕事の出来、不出来とか、公務員としての的確性がそこまで相関関係があるとは思えない。ましてや、それを判断するのはその人を見たせいぜ数人の面接官なのだから。

面接映えしないとはそれだけで落とすべき存在だとは思いませんが、現実的にはそういう人は落とされやすい。逆に面接映えするという人も存在します。そういう人は確かに、面接を何個も受ければ何個も受かるとか、そういう素質を持った人でしょう。面接試験に関しては、一部の試験種を除いて、せいぜい倍率が微妙に違うだけで、難易度としてはどこも大して変わらないと思います。

でも、筆記試験は試験種ごとに難易度全然違いますよね。そうなると、面接映えする人は何処を受けても、同じような評価を受けやすく、どこも受かりやすいが、筆記試験はそうはいかない。つまり、筆記試験の難易度がそれほど高くないところを選べば、どこかしらから内定を貰える。逆に面接映えしない人は筆記試験は割と受かる人が多いのではないか?と思います。

でも、面接は落ちる。しかも、面接の倍率や難易度は、一部の試験種を除いてどこを受けても大して変わらない。としたら、じゃあどこを受けても落ちるというこじゃないか!?1個くらい引っかかるところがあるかもしれないけど。要は公務員試験に落ちやすい人ってのは、そういうところがあると思うのです。面接が得意な人は筆記試験のレベルを落としたりすれば、自分が受かるところを見つけやすい。また、筆記試験は単純に勉強すれば点数はとりやすくなりますから、努力のしようがあります。

でも、面接が苦手な人は、面接のレベルはどこを受けても大して変わらないから、現時点でダメという人は、どこを受けても大して望みは変わらない。苦手な面接試験それ自体が、努力のしようがないようなものですけど、公務員試験は民間企業みたいに、とにかくたくさん受けてとかもできないですから。結局、受けている側からすれば、何が理由で落ちているのか?も分からない。採用する側もあくまでも受験者全員を相対的に見た結果、その人が劣っていたから落とした。それくらいしか理由はないでしょう。

また、その理由というのも、面接官ごとに異なるとしたら、受験者としては、何をすれば良いのか?も分からない。過去の失敗を今後につなげる努力もなかなかできないし、永遠のこの窮状から脱することは不可能になってしまいます。よく全然勉強できない子が猛勉強して、偏差値をぐーん!と上げて、〇〇大学に合格したとかは聞きます。それは勉強なので、努力のしようがあるから、そういうことが可能なのですが、例えば物凄いコミュ障の人とか、ひきこもりの人が面接の練習を頑張って、一流企業に就職したなんて話は聞いたことがない

。これは面接官の匙加減で全てが決まり、その評価の理由もそれぞれ毎回面接官ごとに微妙に違う。そして、理由は知らされない。ダメだった点を反省して、次に生かすためのフィードバックができないから、永遠に面接力がなかなか進歩しないというメカニズムでしょう。努力のしようがほぼないからこそ、現実的にそういう挑戦をしている人はいるかもしれないけど、それが報われたケースってまずありえないと思うのです。面接力ってのは、人間の性格みたいなもので1度形成されると、なかなか変えるのが難しいものです。すなわち、1度面接映えしない人間になってしまう。つまり、公務員試験で落ちる人間になってしまうと、そこから受かる人間に変わるのは非常に難しいのです。


公務員試験の面接は分からないこと、何ともいえない部分も多いので、非常に難しい。こうすれば確実に受かるという必勝法はおそらくないと思います。人間が直接見て審査しますから。ただ、その直接見て審査する面接官の気持ちや傾向が分かれば、多少合格率の向上に寄与するかもしれません。本書は現役で面接官を務めた人からの公務員試験の面接のアドバイスが載っており、特に受験生の多くが実は勘違いしている点を10個ほどまとめたページもあり、読んでみると得する情報も多いと思います。面白おかしくマンガも駆使しながら楽しく読めるかと思います。
公務員試験 現職採点官が教える!合格面接術 2015年度
関連記事