_ 公務員試験の浪人は不利かもしれないが、私は推奨したい | 公務員試験の合格を応援します!
【スポンサードリンク】

公務員試験の浪人は不利かもしれないが、私は推奨したい

  • カテゴリ:その他
特別区Ⅰ類に受かりたい受験生に向けたTACの直前対策セミナーが開催されています!教室講義、WEB配信から選べて、教室の場合には定員がありますのでお早めに!扱う内容は総論、政治、経済、法律、論文、面接で、一次試験から二次試験まで、半日くらいかけてバッチリ直前対策が出来ます!2015年度は去年までと比べていろいろと変更点がありますから、この講義で話されるお得な情報によって、受験生の間にも差が生まれる可能性もありますから、TACに通っていない受験生は特にそうですが、特別区に絶対に受かりたい人にはオススメです!
特別区Ⅰ類(事務)対策セミナー申し込みページ


公務員試験ももう少しで市役所C日程を終えて、今年の試験もほぼ終わりに近づいてくる頃だと思います。市役所C日程も倍率がかなり高い試験種が多いと思うので、受かるのは非常に難しいと思います。この時期になると、すでに内定を手にされている方は良いですけど、そうじゃない方はちょっと辛い過酷な選択を迫られているのかと思います。

それはまた1年公務員試験に挑戦するのか?それとも違う道を歩むのか?ということです。公務員に絶対になりたいのであれば、別のもう1年、と言うか、年齢制限ギリギリまで受ければ良いじゃないか!というのが個人的な意見です。そもそも、他に選択肢があるとするならば、民間企業の就職活動をするとか、あとはフリーターになるとか、そういう感じでしょうか?

フリーターはさすがになかなか受け入れられる人は少ないと思いますけど。民間企業の就活は今大学生の人だと既卒になってしまいます。既卒だからといって、就職できないというのは個人的には幻想だと思っていますが、既卒として就職活動をするのが耐えられない人もいるかもしれない。公務員試験をもう1度目指す場合だって、既卒になったら一緒ですけどね。

公務員試験の場合は、別に既卒になっても受けられないわけじゃない。既卒になって、それが差別されない保証はないけど。筆記試験は平等だけど、面接試験では、何を基準にして、どう点数化されているか?こっちからは見えないため、既卒と新卒の差というのが、何らかの有利、不利を生んでいる可能性はあります。

また、就職活動の場合は既卒は既卒だけしか募集していない求人というのが、一応ありますから、既卒は既卒同士で争える、就職活動の場では、同じレベルの者同士で戦えるという一種のメリットもありますけど、公務員試験の場合はそんな区別はありません。それがむしろデメリットになっているとしたら、そこだと思います。既卒も公務員試験を受けられるというのはメリットにも思えるけど、新卒と既卒が区別なく採用されているということは、面接ではおそらく比べられてしまっている可能性が高いために、そこはデメリットになるのかもしれない。

基本的に考えられる道はまたもう1年公務員試験を頑張る。留年してあえて新卒カードを守るということは個人的にはあまりオススメしません。多額のお金をかけて留年を選ぶこと、新卒カードを守ることにそこまでメリットがあるとは思えないのです。ただ、新卒と既卒は全く同じ形で見られているとは思えませんから、差が多少なりとも出てくる可能性は否定できませんけど。でも、1番大きいのは受験生の心理でしょう。

要は「既卒が不利」という先入観をまず持ってしまっている人がとても多い。不利になるか?どうかは確実なことはいえないし、それこそ面接官の気持ち次第というところが大きいと思います。それが結局最後まで響くケースが多いのかな?と思うのです。だから、結局は受けてみないと分からない。または面接官次第という部分は大きいと思いますから、私も少なくとも先入観を持っていますし、なんとなく不利になりそうな予感はありますが、それも所詮は予想に過ぎないわけで。

個人的には、本当に公務員になりたくて、これだけ頑張って勉強してきたのでしょうから、また受けたら良いんじゃないか?と思いますよ。1年やっている分、逆に有利になるところもあるでしょう。筆記試験に関しては少なくとも1年目の人よりは間違いなく有利ですから。公務員というのは就職先の選択肢のうちの1つくらいにしか考えていなかった人は、別の道を選んでも構いませんけど、そうじゃない人はまた受ければ良いと思うんですよね。また、予備校に通いながら、アルバイトをしながらでも、少なくともあと1年くらいはやってみてはいかがでしょうか?


本書の説明書きの「新卒で就職しないと取り返しがつかない」という迷信を真に受けて、中途半端な就職をしても、未来にはつながりません。」という言葉でも表されているように、新卒か?既卒か?という区別を持って就職を目指す意味について、新卒だけにこだわって就職をする愚かさというか、無意味さについて解説してくれています。実際に既卒になってから就職を果たした人たちの極意も載っており、「新卒カード」というプラチナチケットなんて、もはや幻想!?と思えるような状況すらあります。公務員を目指す人も、民間で就職活動をする人も、既卒になることに対する間違ったイメージ、新卒にこだわることの無意味さについて、実感できる一冊ではないでしょうか?既卒になる恐怖を和らいでくれるというよりは、新卒と既卒なんて頭の中で区別する必要性が乏しいということを説いてくれる一冊だと思います。公務員試験1年頑張ったけど、ダメだった。さて、これからのキャリアプラン、そして自分の人生どうする?ということを考えるときにおすすめできる一冊だと思います。
既卒なんてこわくない!
関連記事