_ 公務員試験の民法の勉強法は数的処理と同じ考え方が必要? | 公務員試験の合格を応援します!
【スポンサードリンク】

公務員試験の民法の勉強法は数的処理と同じ考え方が必要?

特別区Ⅰ類に受かりたい受験生に向けたTACの直前対策セミナーが開催されています!教室講義、WEB配信から選べて、教室の場合には定員がありますのでお早めに!扱う内容は総論、政治、経済、法律、論文、面接で、一次試験から二次試験まで、半日くらいかけてバッチリ直前対策が出来ます!2015年度は去年までと比べていろいろと変更点がありますから、この講義で話されるお得な情報によって、受験生の間にも差が生まれる可能性もありますから、TACに通っていない受験生は特にそうですが、特別区に絶対に受かりたい人にはオススメです!
特別区Ⅰ類(事務)対策セミナー申し込みページ


公務員試験の筆記試験の科目の中で、どうしても勉強しづらい科目というのがいくつかあると思います。それが顕著なのが数的処理かもしれません。ただ、専門科目の中でいうと、個人的にはやっぱり民法ですかね?民法は範囲が広くて、勉強するだけでも本当に大変ですけど、内容を理解するのが本当に大変だと思います。

一応、法律科目ですから、やることはほとんど暗記で覚えてしまえばなんとかなるんでしょうけど、自分なりにかなり民法は勉強しても、模試とか本番の試験とかでは、あまり得点効率がよくなかった気がします。法律科目はどれも知らないと解けない科目ばかりですからね。知識問題は本当に知らないと解けない。じゃあ、知らない問題が出てきたときには、どうすれば良かったのか?その知らない問題を解くために、この試験本番までに何ができたのか?どこかに知る術があったのか?凄い疑問に思います。

民法はその知らない問題が特に出やすいような気がしています。民法の場合は、想像で答えられないこともないですけど、いかんせん条文や判例が物凄く多いので、過去問をいくら回しても、それに載ってない問題が確実に出ます。過去問に載ってない問題を出さないと、みんなできてしまうから差がつかないというのもあるかもしれませんが、過去問に載っていない問題を出されると、じゃあそれを確実に解くためにはどうすれば良かったのか?過去問以外に何をもとに勉強すれば良かったのか?そうなってしまいます。

そういう感じで、過去問をいくら回しても、ほぼ誰も知らないような問題もいくつか出題されやすい気がするので、教養試験の数的処理に似た感じがするのです。要は、やってもやってもあまり点数に結びつきづらい。問題の難易度が比較的易しい試験種の場合はそうでもないかもしれませんけど、かなり難しい問題が出る試験種の場合は、やっぱり自分なりに相当努力したつもりでも、案外点数が伸びないことがあるような気もしています。

要は数的処理と同じで、やってもやっても点数になりづらい。人によってはね。民法がよほど得意な人、模試とか解いてみてかなり点数が良い人もいますが、そうじゃない人も多いと思うのです。そういうことを模試などを通して感じている人は、良い意味でペースを落としてみてはどうでしょうか?民法は公務員試験の科目の中でも、かなり難しい方に入ると思います。

ですから、本当に高得点をとろうと思って、かなり時間をかけて取り組んでも、案外あまり点数になってないというケースが生まれやすい科目かな?と思います。民法がかけた時間の割にあまり進歩を感じられない人は、良い意味でほどほどにペースを落として、民法で良い点数を狙うというよりは、民法は最低限をとる。そして、余った時間は他の勉強に費やして、他の科目で点数を稼ぐ狙いの方が良いかもしれません。民法はよほど得意な人以外は点数の稼ぎ頭にはなりづらいと思うので。


公務員試験の民法を勉強するときはほどほどに行うのも人によっては良いかもしれません。そのときに是非参考にしてほしい参考書になります。予備校で法律科目を教えている郷原先生による本で、かなり工夫して分かりやすく説明されています。イラストもあったりして、結構カラフルです。過去問に載っているレジュメと比べると、説明が相当丁寧で、初心者でも理解できるように配慮されているように感じます。全然理解できない分野があれば、その部分だけを参考にするというのもあるでしょう。具体例も多く、誰もが理解しやすいように構成されているように思います。
郷原豊茂の民法まるごと講義生中継〈1〉総則・物権編 第6版
郷原豊茂の民法まるごと講義生中継〈2〉債権編 第5版
関連記事