_ 面接嫌い、苦手な人は国家公務員を目指すと良いかもしれない | 公務員試験の合格を応援します!
【スポンサードリンク】

面接嫌い、苦手な人は国家公務員を目指すと良いかもしれない

  • カテゴリ:その他
特別区Ⅰ類に受かりたい受験生に向けたTACの直前対策セミナーが開催されています!教室講義、WEB配信から選べて、教室の場合には定員がありますのでお早めに!扱う内容は総論、政治、経済、法律、論文、面接で、一次試験から二次試験まで、半日くらいかけてバッチリ直前対策が出来ます!2015年度は去年までと比べていろいろと変更点がありますから、この講義で話されるお得な情報によって、受験生の間にも差が生まれる可能性もありますから、TACに通っていない受験生は特にそうですが、特別区に絶対に受かりたい人にはオススメです!
特別区Ⅰ類(事務)対策セミナー申し込みページ


面接が苦手な人が公務員試験を受けにくる傾向は多少はあるのかな?と思います。民間企業みたいにほぼ全てが人物試験というわけではなく、一応筆記試験でかなりの受験生を絞ってから、人物試験を行うというのが公務員試験の流れですね。ただ、近年はその人物試験の配点が高く、筆記試験は足きりに近い状況になっており、結局は筆記試験を突破しても、面接で落ちる可能性はそれなりにあります。

特に地方公務員の試験は面接試験の配点がかなり高いとされているところが多いようで、逆に国家公務員の面接試験は多くが面接の配点が低く、筆記試験の配点が高く設定されています。地方公務員の場合は配点が公表されていないところも多いのですが、国家公務員の場合は全て公表されているはずです。

それを見ると、明らかに国家公務員は筆記試験重視までいくか?どうか分かりませんけど、面接試験はそこまで重視していない感じが窺えるのです。したがって、面接があまり得意じゃない、面接を何回も受けたくないという人が公務員試験を目指す場合、地方公務員では相変わらず面接苦手な人は厳しい状況ともいえます。

しかし、国家公務員の試験であれば、その分筆記試験の問題が難しいですけど、その分面接の配点が低く、筆記試験で差をつけられれば、そのまま面接も突破して最終合格する可能性は高いです。その分たくさん勉強しないといけないというのはありますけどね。ただ、本当に面接が苦手、または嫌いで民間企業の就職活動をしていても内定とれる気がしない。という場合には、国家公務員を目指すというのもありでしょう。

ただ、裁判所職員だけはちょっと事情が異なります。ここはやや特殊で国家公務員の中でも、面接の配点がやや高めです。また、過去の傾向からいうと、男性受験生はちょっと不利かもしれません。詳しくは「実は裁判所職員の採用試験は男性には圧倒的に不利な試験種かもしれない」の記事をご覧ください。それ以外の試験種、国家一般職、国税専門官、財務専門官、労働基準監督官などであれば、面接よりも筆記試験を重視してくれています。

国家一般職あたりは多くの人が併願するでしょうし、残りの3つもどれか1個受ける人が多いのではないでしょうか?地方公務員も勿論受験して構わないのですが、面接苦手だとちょっときつい面もあるので、そういう人は地方公務員の試験種も受けつつ、国家公務員の試験種もちゃんと対策して、受けて、こちらをより重視して考えた方が良いかもしれません。
関連記事