_ 国税専門官の採用面接で採用漏れはほぼない!? | 公務員試験の合格を応援します!
【スポンサードリンク】

国税専門官の採用面接で採用漏れはほぼない!?

特別区Ⅰ類に受かりたい受験生に向けたTACの直前対策セミナーが開催されています!教室講義、WEB配信から選べて、教室の場合には定員がありますのでお早めに!扱う内容は総論、政治、経済、法律、論文、面接で、一次試験から二次試験まで、半日くらいかけてバッチリ直前対策が出来ます!2015年度は去年までと比べていろいろと変更点がありますから、この講義で話されるお得な情報によって、受験生の間にも差が生まれる可能性もありますから、TACに通っていない受験生は特にそうですが、特別区に絶対に受かりたい人にはオススメです!
特別区Ⅰ類(事務)対策セミナー申し込みページ


国税専門官の採用面接が行われているあたりでしょうか?人事院面接の方は終わって、先日最終合格の発表があったみたいです。採用面接は各自いろいろなタイミングで受けていると思われますけど、すぐに内定が出る人もいれば、そうじゃない人もいたりして、結構不安になる人もいるのではないでしょうか?

国税専門官の採用漏れというのは、正確なことはちょっと分かりませんけど、そんなに考えなくて良いレベルみたいですよ。採用漏れなんてほとんどないという話をしている人が多いようです。実際は分かりませんけど、国税専門官はなんだかんだで仕事がきつくて有名な試験種ですから、複数内定を手にした人は蹴る人が多いのでしょうかね?

国税専門官が第1志望という人以外は内定辞退をする人が例年多いのかもしれません。したがって、採用面接を受け続ければ、どこかしらか内定は出る。ということみたいです。ですから、採用漏れに関しては、現実的な話だと最終合格していればそんなに心配することではないのかな?と思います。いずれは内定がどこからか?は貰えるのではないでしょうか?

国税専門官の採用面接については、これから受験する方について言っておくと、かなり軽い感じの内容の面接みたいですね。面接というよりはただの意向確認をしているだけ?ともとれる面接というような感想を書いていた人もいます。国税専門官の面接に関しては詳しくないものの、人事院面接ではなくて、採用面接に関しては、その面接の中で、内々定というか内定を出す例もあると聞いたことありますし、期待されている人はその場で内定が決まるみたいですね。

特に最終合格のときの順位が高い人は、それなりに速く内定が出るかもしれません。ただ、順位が高くなくても、採用漏れを心配するようなことは基本的にはないみたいなので、確率からいえば0ではありませんけど、採用面接の辞退を続けなければ、まず大丈夫と思っていて良いのではないでしょうか?そういう意味では、良い意味で気軽な気持ちで採用面接を受験してみた方が良いかもしれません。
関連記事