_ 運ゲー要素の大きい教養論文の書き方、勉強法 | 公務員試験の合格を応援します!
【スポンサードリンク】

運ゲー要素の大きい教養論文の書き方、勉強法

特別区Ⅰ類に受かりたい受験生に向けたTACの直前対策セミナーが開催されています!教室講義、WEB配信から選べて、教室の場合には定員がありますのでお早めに!扱う内容は総論、政治、経済、法律、論文、面接で、一次試験から二次試験まで、半日くらいかけてバッチリ直前対策が出来ます!2015年度は去年までと比べていろいろと変更点がありますから、この講義で話されるお得な情報によって、受験生の間にも差が生まれる可能性もありますから、TACに通っていない受験生は特にそうですが、特別区に絶対に受かりたい人にはオススメです!
特別区Ⅰ類(事務)対策セミナー申し込みページ


公務員試験の教養論文を書く際には、あまり高得点を狙う意識は必要ないかもしれません。というのも、論文というのは、択一試験と違って、そもそもどれくらいの点数がとれそうか?事前に予想がしづらいというか、目途が立ちづらいですよね。要は採点基準とかも全く不明です。どういう内容の論文が評価されるのか?分からないのです。

予備校や参考書では、その採点基準を予想していろいろと書いていますけど、それがどこまで当たっているのか?予備校のテキストや市販の論文の参考書の解答例を書いたところで、どこまで評価されるか?は全く分かりません。良い例を挙げると、ある予備校のテキストに載っている解答例をほぼそのまま書いて、同じ予備校に添削に出したら、評価はよくなかった。という例があるそうです。

つまり、論文は面接と共通部分があって、それは採点基準が非常に不透明であり、採点する人によって細かい評価は分かれやすいということです。面接と違う部分があるとすれば、それはみんなほぼ同じ問いに対して解答しているというところくらいです。2つとか3つから選ぶ場合もありますけど、それでも面接に比べたらまだマシでしょう。面接は質問はいくつもされますけど、人によってほぼ全ての質問が異なりますから。

皆さん、面接試験の対策は非常に困りますよね。それは採点基準が不明だから、何を言えば良いのか?そのために何をすれば良いのか?合格への道筋が全く立てられません。面接対策としてやったことが正しかったか?否か?についてはッ結果論でしか言えないのです。合格していればやったことは正しかったし、不合格なら間違っていたし。でも、面接官が変われば変わっていたかもしれない。という可能性も十分考えられ、非常に受験生を悩ませます。

論文も似たようなところがあり、論文がそもそもどう評価されるか?については全く分からないのです。択一試験と違って、自己採点もできませんから、何点とれているのか?把握することは不可能で、そもそも誰が、どうやって採点しているのか?も全く見えません。受験生としては予備校や参考書が提示する予想(こういうことを書けば、評価が高いのではないか?)というものを拝借して書くしかないのですが、それらが本当に評価されるのか?の保証はありません。

先ほど言ったように、そもそも採点基準が不明であり、論文試験を課す側にとって、どういう内容の論文が良い論文として設定されているのか?不明です。良い論文とは何なのか?私自身、予備校のテキストや市販の参考書の解答例を見ていて、納得するものもあれば、これはどうなんだ?と疑問を持ってしまうものもあります。結局はある人が完璧だと思っても、別の誰かが見たらそうじゃないケースは往々にあるはずだし、それは面接と共通していることでしょう。人間が見るのだから、当たり前かもしれませんが。

そうなると、要はいくら完璧に論文試験の対策をしようが、ちゃんと高得点がとれる保証は全くないし、そもそも採点する人によって捉え方は区々だろうし、結果として点数にもいろいろと差が出てくる可能性がある。特別区なんかはこの不確定要素のかなり高い教養論文で、毎年多くの人が犠牲になっているようですけど、2ちゃんねるとかを見ていると、択一試験で高得点で、論文もそれなりに書けたのに、どうして落とされたのか?納得いっていない人も多くいるようで、面接と一緒で採点者のさじ加減に依るところが多く、運ゲー要素の大きい試験ということが言えるのではないか?と思います。

そういう意味では、教養論文の対策に時間を費やしても、それがちゃんと評価されるか?分からない。択一試験の対策は目に見えて進歩しているか?していないか?が分かりますけど、論文の場合はそれがありません。ですから、論文試験の場合は高得点を狙って、気合を入れて勉強する必要はないと思います。努力しないとちゃんと点数にはなりませんが、たくさん努力してもその分点数には反映されない性質のものなのです。したがって、論文は他の受験生を差をつけようとするのではなく、他の受験生に差をつけられない程度に頑張るのが良いのかもしれません。
関連記事