_ 公務員試験のために予備校に通う頻度は?週何回? | 公務員試験の合格を応援します!
【スポンサードリンク】

公務員試験のために予備校に通う頻度は?週何回?

特別区Ⅰ類に受かりたい受験生に向けたTACの直前対策セミナーが開催されています!教室講義、WEB配信から選べて、教室の場合には定員がありますのでお早めに!扱う内容は総論、政治、経済、法律、論文、面接で、一次試験から二次試験まで、半日くらいかけてバッチリ直前対策が出来ます!2015年度は去年までと比べていろいろと変更点がありますから、この講義で話されるお得な情報によって、受験生の間にも差が生まれる可能性もありますから、TACに通っていない受験生は特にそうですが、特別区に絶対に受かりたい人にはオススメです!
特別区Ⅰ類(事務)対策セミナー申し込みページ


これから公務員試験の予備校に通おうと考えている人は、予備校にはどれくらいの頻度で通えば良いのか?分からないかもしれません。基本的に自分がどういうコースを選んで、どの科目の授業に出るか?によって異なります。1番選ぶ人が多いと思われる総合本科生のようなコースを選ぶと、基本的には全ての科目の授業に出ることができます。

そういう場合は結構な頻度で通うことになると思います。速習コースとかはほぼ毎日通う必要があると思いますけど、1年間くらいかけて予備校で勉強していく場合、総合本科生のようなコースだと週の半分くらいは通うことになるかと思います。どの科目もまだ手付かずで、これから始めていくような場合には予備校でほぼ全ての科目を学習していくでしょうから。

予備校の授業のスケジュールにもよるのですが、1日や2日間隔で授業がある場合が多いと思います。受講を始まるのがちょっと遅いと、その感覚は狭くなってややスケジュールがタイトになります。その場合には週のほとんどは予備校に通う必要があるかもしれません。大学生の方の場合は、大学の授業との兼ね合いもあるので、夜しか出られなかったり、昼間も出られたりという日があると思います。

したがって、スケジュール調整がやや大変かもしれません。しかし、今は授業に出られなくても、後からDVDを借りて出られなかった授業の分を埋め合わせたり、パソコンから出られなかった分の授業を視聴(何度も再生可能)できたり、そういうサービスを施してくれている予備校が多いです。したがって、スケジュール調整が大変な場合でも、上手く乗り切れるように工夫がされています。

そういった感じで、多くの場合は全ての科目でとりあえず授業を受ける方が多いと思うので、そういう方は週の半分くらいはだいたい予備校に通って授業を受けることになると思います。そのうち出られない分については別の日に予備校に通って、その回のDVDを見たり、別の機会(家に帰ったときなど)にパソコンからその回の授業を見るということが必要になります。

苦手科目だけ、独学でやってみたけど、ダメそうな科目だけ通うという場合にはもっと少ない頻度で大丈夫です。週に1回とか、2回とか、苦手科目が少ない場合にはその科目の授業を受け終わると、後はほとんど通う必要もない場合がありますね。そういう方は単科講座を受講した方が良いかもしれません。だいたい、予備校の授業の出る頻度などはこんな感じです。


大手予備校で、授業を欠席した場合のフォローアップがしっかりしているのが資格の予備校TACです。すでに示したような欠席時のDVD視聴、そして申し込めば利用できる、自分のパソコンから好きな授業をいつでも、どこでも、好きなだけ視聴できるシステムも整っています。後者のサービスは特に有益で、家でも、大学でも、それ以外の場所でも、パソコン等を持ち込めれば利用可能です。予備校に通って授業を受けるのが当たり前という概念を崩してくれるかもしれません。興味のある方、気になる方は詳細をホームページで閲覧したり、資料請求をしても良いかもしれません。
資格の学校TAC<公務員>各種コース開講
関連記事