_ 文章理解の英語が苦手なら単語を覚えて、語彙力を鍛えよう | 公務員試験の合格を応援します!
【スポンサードリンク】

文章理解の英語が苦手なら単語を覚えて、語彙力を鍛えよう

特別区Ⅰ類に受かりたい受験生に向けたTACの直前対策セミナーが開催されています!教室講義、WEB配信から選べて、教室の場合には定員がありますのでお早めに!扱う内容は総論、政治、経済、法律、論文、面接で、一次試験から二次試験まで、半日くらいかけてバッチリ直前対策が出来ます!2015年度は去年までと比べていろいろと変更点がありますから、この講義で話されるお得な情報によって、受験生の間にも差が生まれる可能性もありますから、TACに通っていない受験生は特にそうですが、特別区に絶対に受かりたい人にはオススメです!
特別区Ⅰ類(事務)対策セミナー申し込みページ


公務員試験の文章理解の英語があまり得意じゃないという人はとにかく語彙力を鍛えてみることをおすすめします。本当は文法とかもしっかりとやらないといけないのでしょうけど、おそらく時間がそこまでとれないと思います。したがって、公務員試験の英語の問題は読解しか出ないので、単語、熟語を多く知っているとそれだけで全然違うと思います。

要は細かいところの意味は分からなくても、だいたい文章の中で言っていることが雰囲気的に分かれば良いのです。教養試験の文章理解の英語であれば、選択肢も日本語ですから、ある程度の意味さえ把握できれば、正誤判定はできるはずです。ということで、英語が苦手な人であれば、とにかく単語を鍛えましょう。高校時代使っていた単語帳があれば、それでも構わないと思います。

単語帳は別にどれを使ってもそこまで差が出るものではないので、個人の好みで選んでもらって構わないと思います。ただ、私がおすすめするとすれば、「英単語ターゲット1900」ですね。大学受験用の単語帳として超有名です。マーチクラスくらいまでなら、これ一冊でも十分歯が立つと思います。

公務員試験の英語の問題を解くのにも十分です。1900近い単語が載っていますが、別に全部やる必要はないと思います。中にはかなりマニアックな単語も含まれているので。私は高校時代にこれ学校から配られて、この中から小テストみたいなのを毎日やらされていた気がします。そのときに使っていたのですが、単語の量とか、レベル、あとレイアウト全てにおいて万人受けする一冊だと思います。

私もこういった単語帳を使って、高校時代には大学受験をする頃には、自分でも相当語彙力が上がった感覚がありました。別に使っていた熟語帳も含めて、英語がそれほど得意じゃなかったんですけど、中の上か、上の下くらいまでは上がったかな?って感じです。私の場合は文法の方はそこまで熱心に勉強していませんでしたが、語彙力を上げると、大分英語の問題の解きやすさが変わった感じがしたのです。

この英単語ターゲット1900は、何をとってもバランスが丁度よくて、大学受験のための英語の勉強は勿論、公務員試験の英語の勉強にもちょうど良いと思います。毎日50個くらいの単語をおさらいしていく。それを繰り返していくと、大分語彙力が上がってくるはずです。文章理解の英語の問題は文法を理解していた方が解きやすいのはその通りなので、英語が苦手な人は多分文法の理解についても、乏しい傾向にある気がします。


別に文法の勉強をまたやっている時間は多分ないので、ここは単語だけを覚えて乗り切る方法をとるのが懸命な気がします。特に英語が毎回半分もとれない人は、せめて半分はとれるレベルに上げていきましょう。単語をひたすら覚えまくって、後は問題集を使って、練習するのみです。英語に自信がない人、難しいと感じている人は自分の単語力が上がるだけでも、英語の問題への対応力は格段に違ってくると思います。
英単語ターゲット1900 5訂版 (大学JUKEN新書)
関連記事