_ 公務員試験の民法が難しい、苦手な人のおすすめ勉強法 | 公務員試験の合格を応援します!
【スポンサードリンク】

公務員試験の民法が難しい、苦手な人のおすすめ勉強法

特別区Ⅰ類に受かりたい受験生に向けたTACの直前対策セミナーが開催されています!教室講義、WEB配信から選べて、教室の場合には定員がありますのでお早めに!扱う内容は総論、政治、経済、法律、論文、面接で、一次試験から二次試験まで、半日くらいかけてバッチリ直前対策が出来ます!2015年度は去年までと比べていろいろと変更点がありますから、この講義で話されるお得な情報によって、受験生の間にも差が生まれる可能性もありますから、TACに通っていない受験生は特にそうですが、特別区に絶対に受かりたい人にはオススメです!
特別区Ⅰ類(事務)対策セミナー申し込みページ


公務員試験で民法が苦手という人は多いと思います。民法もほとんど暗記科目なので、時間をかけて勉強すれば、ある程度の理解はできるでしょう。ただ、やっぱり範囲が膨大なので、非常に時間と手間がかかるというのは否めないと思うのです。そこで、民法の勉強法としては、参考書を読んでから取り組んだ方が良いような気がします。

これは行政法とかも同じようなことがいえるかもしれません。その方がさらに時間がかかるのですが、問題を解いたときの理解度が違う気がするのです。全部の部分を参考書に頼るということではありません。1度スー過去などの問題集を解いてみて、ちょっと分からないという範囲に関して、該当する部分を参考書でおさらいしてから、再度問題を解くと、スムーズに解けるかと思います。

あと、民法に関しては、いくつかの範囲は捨ててもらって構わないと思います。どうしても難しい部分ってありますから。そういうところに時間や手間をかけていくのが必ずしも正解とは言いがたいので。また、どうしても苦手な部分については、本当に基礎的な問題だけできるようにしておく。ちょっと難しい問題に関しては、もう手をつけないというのもありでしょう。

民法は結構勉強した割には、あまり得点効率がよくないかな?とも思える科目でもあるので、ちょっと工夫して勉強していきましょう。そして、民法が苦手な人が何かに縋りたいときにおすすめしたい参考書としては「まるごと生中継」があります。私も使ってみましたが、普段の予備校での授業風景をそのまま文章にしたような参考書です。

スー過去などにもレジュメ部分はありますが、ああいう感じとは違って、くだけた文章で非常に分かりやすく丁寧に書かれているのが特徴です。多くの具体例を用いてくれていますから、イメージがしやすい感じがあると思います。予備校の講師をしている郷原さんが書いた参考書で、かなり多くの方に人気となっているようです。

実際、私も苦手な分野、分かりづらい分野(特に抵当権とか)について、まずこの参考書を読んでみます。確かに1回読んだだけでは、完璧に分かるではありません。ただ、例えば抵当権に関しては、「それまでは抵当権って何もの?」状態だったのが、抵当権、またはそれ付随する権利(法定地上権など)について、全体像や仕組みはある程度理解ができていました。だから、後で問題を解くときによりスムーズに解説を読んでも頭に入ってきやすかったのです。


予備校に通っている人でも、普段の授業を聞いているだけでは物足りない、理解が進まないという方には是非読んでほしい一冊です。民法は公務員試験の出題科目の中でも、割と出題数も多いので、苦手な人については良い参考書として機能してくれると思います。また、東京都、国税専門官などの試験種に向けた、専門記述としての対策にも十分使える一冊だと思います。
郷原豊茂の民法まるごと講義生中継〈1〉総則・物権編 第6版
郷原豊茂の民法まるごと講義生中継〈2〉債権編 第5版
関連記事