_ 市役所C日程の筆記試験の当日の服装は? | 公務員試験の合格を応援します!
【スポンサードリンク】

市役所C日程の筆記試験の当日の服装は?

特別区Ⅰ類に受かりたい受験生に向けたTACの直前対策セミナーが開催されています!教室講義、WEB配信から選べて、教室の場合には定員がありますのでお早めに!扱う内容は総論、政治、経済、法律、論文、面接で、一次試験から二次試験まで、半日くらいかけてバッチリ直前対策が出来ます!2015年度は去年までと比べていろいろと変更点がありますから、この講義で話されるお得な情報によって、受験生の間にも差が生まれる可能性もありますから、TACに通っていない受験生は特にそうですが、特別区に絶対に受かりたい人にはオススメです!
特別区Ⅰ類(事務)対策セミナー申し込みページ


市役所C日程がもうすぐ控えていますけど、これが公務員試験の筆記試験初めてという方もいるかもしれません。秋の市役所試験に向けて勉強をしてきた人にとっては、いよいよその本番を迎えるときが近づいてきています。この市役所C日程は9月に行われるのですが、まだまだ暑いですね。したがって、服装にも気をつけてほしいところです。

9月なので、当然まだまだ夏の余韻は残っています。暑いですから、半袖で受験してくる人が多いです。そして、スーツでくる人はあまりいません。全くいないわけではありません。ただ、私服の人がかなり多いので、ほとんど気にならない程度しか映らないでしょう。スーツを着てきても、中はクーラーが効いていないことも多いので、結局上着を脱ぐ羽目になります。

市役所C日程の場合は、受験票などを確認してほしいと思いますけど、中学校などが受験会場になることが多いです。公立の中学校ですと、まだ教室にクーラーがついていないところも多々あると思います。そうなると、暑さ調整は自分でやるしかありません。この季節ですから、寒くなることはないと思うので、基本的には暑さ対策だけで良いでしょう。

着脱可能だったり、臨機応変に薄着になれる格好で行くとか、あとは飲み物です。基本的に教養試験と論文試験で終わるところが多いと思うので、昼食はとる前に解散になると思います。教室にいる間には飲み物をしっかり摂って、バテないようにしていきましょう。試験を受けているだけでも、かなり体力使いますからね。飲み物は、例え喉があまり渇いていなくても絶対に買っていくようにしましょう。

そうやって、まだ残暑が残っている季節ですから、服装や飲み物で工夫をして試験当日に臨むようにしましょう。専門試験がなければ、筆記試験自体は長丁場になることはなく、お昼くらいには終わると思うので、まずは体調をしっかりと保って一次試験を受けて、無事に合格できるように努めていきましょう!筆記試験よりも面接試験の方がかなり大切ですから、まだまだこれからです!
関連記事