_ 市役所試験の面接で語る志望動機の考え方の例 | 公務員試験の合格を応援します!
【スポンサードリンク】

市役所試験の面接で語る志望動機の考え方の例

特別区Ⅰ類に受かりたい受験生に向けたTACの直前対策セミナーが開催されています!教室講義、WEB配信から選べて、教室の場合には定員がありますのでお早めに!扱う内容は総論、政治、経済、法律、論文、面接で、一次試験から二次試験まで、半日くらいかけてバッチリ直前対策が出来ます!2015年度は去年までと比べていろいろと変更点がありますから、この講義で話されるお得な情報によって、受験生の間にも差が生まれる可能性もありますから、TACに通っていない受験生は特にそうですが、特別区に絶対に受かりたい人にはオススメです!
特別区Ⅰ類(事務)対策セミナー申し込みページ


市役所B日程、C日程などを一次試験を突破すると、いよいよ面接試験となります。面接は複数回行われるところが多いと思いますけど、かなり大変だと思った方が良いでしょう。おそらく面接だけの倍率は公務員試験の中でもかなり高い方だと思いますから、しっかりとした面接対策をしていってください。

さて、市役所を受ける場合にはどういう志望動機で臨めば良いでしょうか?基本的には地方上級で市役所を受けている方もいると思いますから、それと一緒で構わないと思います。市役所って、どんなところか?どんな仕事をやっていくところか?
考えてみると、分かりやすいと思います。市役所と都道府県庁などは仕事の性質がちょっと違いますよね。

都道府県庁と対比しながら、市役所の仕事を考えると志望動機は生まれやすいかもしれません。市役所は皆さんも利用したこともあるかもしれませんが、地域住民が日常的に利用するところです。ある意味、1番公務員らしい公務員というか、1番イメージしやすい公務員でもあると思います。私も市役所に行ったことありますから、特に多くの人とかかわる仕事をするのが、市役所の公務員なのかもしれません。

これが国家公務員とか、都道府県庁の公務員となると、また性質は違ってくると思います。要は特別区の東京都みたいな関係で東京都が立案したものを特別区の職員が住民に対して実践していく流れがあると思います。都道府県庁と市役所の流れもそれに似ているかもしれません。つまり、直接住民に対してサービスを行っていくのが市役所の職員ですから、そこに長けた人というのは、アピールの材料になると思います。

例えば、「公務員試験の面接で自己PRとの整合性を持たせた志望動機のススメ」の記事を参考にしてもらうと良いと思うのですが、自己PRで接客業務のアルバイトを経験していて、それで人と直接接する喜びを感じたとか、または人に直接奉仕する心が備わり、アルバイトでの経験が1番生かせる仕事だと思ったからなど、自己PRになりうる題材と志望動機を結びつけるのが良いのではないでしょうか?〇〇をやりたいからみたいな志望動機よりは、自分の持っている力を生かせる、または生かしたいと語った方が、独りよがりにならないというか、公務員に必要な奉仕の精神を体現することができるような気がします。

公務員の仕事で必要な要素と自分のこれまでの経験を振り返ってみて、特に市役所の公務員の仕事をするうえで生きそうな経験や能力はないか?探してみましょう。それを見つけられれば、自己PRでもそれを述べてみて、志望動機でもそれを上手くつなげて作っていければ良いのではないでしょうか?


市役所の面接に挑む際の面接対策では、本書も是非参考にしてもらいたいと思います。本書では、公務員試験の面接で必要な志望動機、自己PRなどの主要な質問にどのように答えていくべきか?ある程度題材が決まっている方について、どういう風に話すべきか?どういう表現を使うと、より魅力的に見えて、面接官の心に訴えることができるか?というちょっとしたテクニックの部分についても学ぶことができます。面接対策をするなら、是非おすすめしたい1冊です!
直前マスター! 公務員試験面接必勝法 (スーパー勉強法)
関連記事