_ 特別区の人事院面接で「加点なし」は即不合格? | 公務員試験の合格を応援します!
【スポンサードリンク】

特別区の人事院面接で「加点なし」は即不合格?

特別区Ⅰ類に受かりたい受験生に向けたTACの直前対策セミナーが開催されています!教室講義、WEB配信から選べて、教室の場合には定員がありますのでお早めに!扱う内容は総論、政治、経済、法律、論文、面接で、一次試験から二次試験まで、半日くらいかけてバッチリ直前対策が出来ます!2015年度は去年までと比べていろいろと変更点がありますから、この講義で話されるお得な情報によって、受験生の間にも差が生まれる可能性もありますから、TACに通っていない受験生は特にそうですが、特別区に絶対に受かりたい人にはオススメです!
特別区Ⅰ類(事務)対策セミナー申し込みページ


特別区の面接では、よく「加点なし」の人が不合格になると言われています。これもおそらく推測に過ぎないのでしょうけど、不合格者の点数と合格者の点数にはかなり開きがあるということと、一次試験の択一試験と論文試験の配点を予想して、それをもとにすると、二次試験での点数がほぼ加算されていないということもある程度推測がつくみたいです。

ただ、全く加算されていないのか?少しはされているのか?は分かりません。配点が全く不明なので。一般的に、この加点なしの人は筆記試験がどれだけできても、二次試験で不合格になる可能性がかなり高いみたいで、一種の基準点みたいなものかもしれません。加点されれば、必ず最終合格するというわけでもないでしょうけど、加点されなかれば、ほぼ間違いなく不合格みたいです。

まあ、問題なのはその基準点に達するか?否か?を決める基準がよく分からないということです。受験生の手応えに反比例して、加点されないケースは多々あるようですから。勿論、面接試験の採用基準は全く不明です。後にも先にも、何をすれば、どう答えれば評価が上がったのか?それは分かりません。全て面接官の裁量次第というところです。

当然、面接で何点つけられるか?という順位を決定する際のさじ加減もそうですが、加点するかしないか?というと、合格、不合格を決定するうえでのさじ加減が物凄く大きいのです。特別区はかなり面接での配点が高いと予想されますけど、面接官の匙加減で、まず加点あり、なしが決められて、これが事実上の合格、不合格を分ける裁量になると思われます。

そして、加点ありの中で最終的に順位が決まるのでしょう。加点ありの人が全員合格するとは限りませんが、筆記試験よりは面接試験重視みたいですから、筆記試験でどれだけ成績よくて、面接官のお眼鏡にかなわないと、そこでドボン!みたいです。悲しいことに、教養試験、論文試験、専門試験まで課される一次試験がかなり足きり感覚でしか機能していない可能性もあるということですね。

地方公務員は全体的に、面接試験重視なので、同じようなやり方をとっているところが多いかもしれません。つまり、基準点に達しない時点で、即ドボン!最終合格の決定は、面接試験を基準にして、基準点に達するか?否か?で、まず不合格者が決まり、残りの合格者は筆記試験の点数と合わせて、最終順位が決まると。不合格者の場合は筆記試験の点数はほぼ考慮されてない。面接試験の出来のみで不合格が決まる。というか、筆記試験の点数を合わせても、基準点に達しない段階で合格は無理なように配点が調節されているかもしれません。


特別区の面接は配点は非公開なものの、非常に高いと予想されています。択一試験で73点とった人が二次試験で不合格となったデータも予備校にはありました。ですから、万全の対策を練ってみる必要がありますが、特別区の人事院面接で必要な志望動機、自己PRなどについて、なんとなく題材は決まっているけど、それをどうやって形にしたら良いのか?どういう言葉を選んで、どう面接官に伝えれば良いのか?そういった部分について、基礎から学べる一冊だと思います。自分の話を、面接官から見て魅力的に仕上げるために、おすすめしたい一冊です。
直前マスター! 公務員試験面接必勝法 (スーパー勉強法)
関連記事