_ 特別区の区面接の提示の電話を断るリスクを知っておこう | 公務員試験の合格を応援します!
【スポンサードリンク】

特別区の区面接の提示の電話を断るリスクを知っておこう

特別区Ⅰ類に受かりたい受験生に向けたTACの直前対策セミナーが開催されています!教室講義、WEB配信から選べて、教室の場合には定員がありますのでお早めに!扱う内容は総論、政治、経済、法律、論文、面接で、一次試験から二次試験まで、半日くらいかけてバッチリ直前対策が出来ます!2015年度は去年までと比べていろいろと変更点がありますから、この講義で話されるお得な情報によって、受験生の間にも差が生まれる可能性もありますから、TACに通っていない受験生は特にそうですが、特別区に絶対に受かりたい人にはオススメです!
特別区Ⅰ類(事務)対策セミナー申し込みページ


特別区の区面接は最終合格の発表の日に電話がくることもあるようですから、合格した方はその日に電話がくるかもしれないことを一応頭に入れておきましょう。勿論、提示の電話がきても希望の区じゃない場合、断りを入れることも可能です。ただ、1度提示を断ると、ちょっと問題が起きることもあるようです。それは次の提示が出るまでに時間差が生まれるかもしれないということです。

というのも、ネットには実際に区面接を受験された方の体験談が載っています。それらを見ると、実際に提示を断った経験のある日ともいるみたいですが、それらの人は次の提示がくるまでに時間がかかったというのです。例えば1回目の提示を断ったら、次提示がくるのは3回目になるとか、4回目になるとか、そういうことです。

つまり、区面接で内定を得るためのチャンスがそれだけ少なくなってしまう可能性があるということです。逆に区からの提示を断らずに受けて不合格だった場合には、連続して提示がきやすいという報告もあるようで、提示を断らずに受け続ける場合と断る場合では、特別区の人事委員会か?区なのか?分かりませんが、対応がやや異なっている現状があるみたいです。

そういう現状が本当にあったとして、その真意は分かりません。参考になるデータもそんなに多くないので、全体としてそういう傾向が確かにあるのか?確実なことは言えませんが、可能性としては十分考えられるものだと思います。どうしても行きたい希望区がある場合には、断るのも1つの手でしょう。それはその人の自由です。

また、どこでも良いから内定がほしいという方はかかってきた電話がどこであろうと提示を受けて面接を受けるという策もありだと思います。ただ、全く興味も関心もない区だった場合には、自分なりにその区について調べていく必要があると思います。できれば、その区に実際に行ってみて、雰囲気とか感触とかを味わってみるのが良いと思います。区役所に行ってみるのも良いと思います。

これから特別区の区面接を受ける方は、こういった情報を一応認識してから提示を待って、面接を受けるか?断るか?を決めた方が良いかもしれません。ちなみに、区ごとの倍率はちょっと不明なものの、おそらくそこまで差があるとは思いません。希望区から連絡を入れる人、希望区じゃないところから連絡を入れる人がいるので、もしかしたらそこで各区ごとに倍率に桁違いの差が出ないように調整しているのかもしれないからです。


特別区の区面接も通常の面接と同じ面接対策で大丈夫だと思います。ただ、区面接は提示された区に関することをピンポイントで聞かれる可能性が高いです。それに対する対策としては自分なりに区について調べること、自分自身の足で区の中を歩いてみることなどが必要です。それらを実際の面接で生かすために、志望動機や自己PRなどの回答で、面接官の心に訴えかけるために、適切な表現やテクニックについて学べる一冊です。面接は全く同じ内容であっても、「どのように伝えるか?」で面接官の感じ方も全く異なるために、合否結果も変わりやすいのです。
直前マスター! 公務員試験面接必勝法 (スーパー勉強法)
関連記事