_ 公務員試験で内定辞退をするときの期限や方法 | 公務員試験の合格を応援します!
【スポンサードリンク】

公務員試験で内定辞退をするときの期限や方法

  • カテゴリ:その他
特別区Ⅰ類に受かりたい受験生に向けたTACの直前対策セミナーが開催されています!教室講義、WEB配信から選べて、教室の場合には定員がありますのでお早めに!扱う内容は総論、政治、経済、法律、論文、面接で、一次試験から二次試験まで、半日くらいかけてバッチリ直前対策が出来ます!2015年度は去年までと比べていろいろと変更点がありますから、この講義で話されるお得な情報によって、受験生の間にも差が生まれる可能性もありますから、TACに通っていない受験生は特にそうですが、特別区に絶対に受かりたい人にはオススメです!
特別区Ⅰ類(事務)対策セミナー申し込みページ


公務員試験を受けていて、または民間企業と併願していて、いずれ複数の内定を手にして、内定辞退をしないといけないときがくるかもしれません。内定辞退をするような事態が訪れるのはしょうがない。特に同じ公務員試験の中でも、試験種によって全然内定が出る時期が違う。夏ごろに早々に内定が出る試験種もあれば、秋以降に採用試験があって、内定が出るのが冬頃という試験種もあります。

公務員試験の中でさえ、こうやって日程が異なるので、早めに得た内定をキープして、より遅く合格が出る本命の試験に臨むということもよくあると思います。内定辞退をすることが早くから分かっている場合には、その時点ですべきだと思いますが、それがもっと後にならないと分からない場合は、基本的には先延ばしにして構わないと思います。これは法的な問題で。

あまりに先延ばしにすると、自治体とか、民間企業でもそうですけど、迷惑を被るから、一般常識的にやるべきじゃない。という意見も聞きますが、そういう迷惑がかかるのは制度上しょうがないことです。というのも、先ほど言ったように、公務員試験の中でさえ、内定が出るタイミングが全然違う。民間企業との両立をしていたら、尚更でしょうね。そういう制度の枠組みの中で、受験生は試験を受けていくので、当然、内定を得てから、内定辞退を決めるまでに長い時間を要してしまうことは仕方ないでしょう。せめて、公務員試験の中ではどの試験種でも日程をほぼ固めるとか、しているならばそういうことは起きづらいのですから、自治体の都合を受験生に押し付けないでほしいです。

あと、そもそも「迷惑がかかるから」って理由を持ち出されて、まだ先にある本命の試験が終わってから内定辞退をすることを妨げようとするのはそもそもおかしいと思います。そりゃ自分を優先したら、誰かに迷惑がかかるのは当たり前なんです。例えば、労働者の権利である有給休暇だって行使したら、会社や他の社員にとっては迷惑ですから、他人への迷惑を常に考慮したら、公共の場で生きていけないですし、有給休暇すらも永遠に使えないですよ。

法的に許される範囲内で内定辞退をすれば、それは基本的には問題ない。他人に迷惑をかけるな。という人は、結局自分たち自治体や企業の都合を押し付けているに等しい。企業や自治体だって、内定辞退に関して受験生に強要をするなら、受験生に迷惑をかけていると同じです。自分たちを優先しているから、そういう発言が出るのです。複数の内定を得たなら、そこから受験生はどこを選ぶか?の権利を有しているのだから、この時点では受験生の方が立場が上なのです。だから、自分の都合を第一に考えて、内定先を選んだり、内定辞退をすることは力関係からいってしょうがないことなのです。

一応、労働法で勉強されたかと思いますけど、2週間の予告通知を置けば、内定者はいつでも内定辞退ができるということです。また、内定承諾書などを提出した後も、内定辞退は可能です。常識の話は置いておくと、別に内定式が終わった後でも、入社ギリギリのタイミングでも法的には内定辞退がOKとされる可能性は高いと思います。人間は迷惑をかける生き物なんです。だから、「他人に迷惑をかけるな」ではなく、「人(自分も)は迷惑をかけるのだから、他人の迷惑を許してあげる」気持ちが世の中の共通認識として必要だと思います。

ちょっと話は逸れたかもしれませんが、自分の人生ですから少しでも希望のところから内定が出たなら、内定辞退をする勇気も必要かもしれません。今は民間企業で内定辞退をすると、罵倒してきたり、脅迫してくる異常な人事担当者もいるようですが、電話などで内定辞退の意思を伝えれば、それで構いません。1番やってはいけないのが、直接会社とかに行ってしまうことです。そもそも、ここまでやる必要性がないですし、そういうことをしてしまうと説教や監禁みたいなケースになるかもしれないので、電話で内定辞退の旨だけをとにかく伝えればOKです。さっき挙げた異常な人事ほど、直接会社に来いとか言ってくる可能性があるので、そういうことを言われたら、絶対に従ってはいけません。単なる憂さ晴らしをされるだけの可能性が高いので。
関連記事