_ 公務員試験の予備校で、お金を節約するなら奨学金を利用しよう | 公務員試験の合格を応援します!
【スポンサードリンク】

公務員試験の予備校で、お金を節約するなら奨学金を利用しよう

特別区Ⅰ類に受かりたい受験生に向けたTACの直前対策セミナーが開催されています!教室講義、WEB配信から選べて、教室の場合には定員がありますのでお早めに!扱う内容は総論、政治、経済、法律、論文、面接で、一次試験から二次試験まで、半日くらいかけてバッチリ直前対策が出来ます!2015年度は去年までと比べていろいろと変更点がありますから、この講義で話されるお得な情報によって、受験生の間にも差が生まれる可能性もありますから、TACに通っていない受験生は特にそうですが、特別区に絶対に受かりたい人にはオススメです!
特別区Ⅰ類(事務)対策セミナー申し込みページ


公務員試験の予備校に通うなら、奨学金制度を利用しても良いかもしれません。奨学金制度というのは、一定金額を受講料から割り引いてくれる制度です。多くの方は総合本科生などを受講すると思うのですが、そうなると受講料はトータルで30万円くらいになってしまいます。自分で受講料を出すと人、親に出してもらう人、それぞれいると思いますけど、これだけ高額な金額なら、やはり安くなるならなった方が良いですよね。

奨学金制度を導入している予備校というと、やはり有名なのは資格の予備校TACかな?と思います。ここは最大30%の輪割引が受けられます。30万円だとしたら、9万円くらいは割り引いてくれることになりますから、これは非常に大きいですよね。TACでは、申請書と小論文(公務員試験にかける思いを書く)を書いて、それをTACに提出すると、その内容を審査して、割引率が決定されます。

したがって、最大30%ですから、そこまでは割引にならなくても、いくらか割り引いてくれるケースというのは多く存在するようですね。内容が審査されて割引率が決定されると、割引証明書を発行し、郵送してくれます。そして、その割引照明書を持って、TACに申し込みに行くと、その割り引いてくれた値段で申し込みができるというわけです。

大手の予備校の中では、そんなに奨学金制度を導入しているところは多くないです。ですから、最大30%も割引率があるTACは非常に費用の面ではおすすめしたい予備校ですね。特に知名度もありますし、有名ですし、多くの方が通っているという安心感もあるでしょう。公務員試験では、予備校に通って合格を目指すという方が大勢います。ただ、金銭面でそれを諦めてしまう人もいるかもしれません。

予備校で学習した方が良い環境で捗る可能性も大いにあるので、公務員試験の合格率を上げることにつながる可能性もあります。ですから、金銭面で負担が大きいから諦めてしまうのは勿体無いと思うので、是非こういった予備校が実施している奨学金制度を利用してみてはいかがでしょうか?予備校に通って勉強していきたいと考えている人は、こういうお得な情報は知っておきましょう。


資格の予備校TACの各種コースの概要、料金体系、そして奨学金についての詳しい内容は是非ホームページを確認するか、資料を取り寄せて確認してみてください。実際、奨学金を利用してTACで公務員試験講座を受講するなら、その前にTACのシステム全般について理解しておいた方が良いと思うので、TACについて理解をしておくためにも1度資料請求をした方が良いかもしれません。
資格の学校TAC<公務員>各種コース開講
関連記事