_ 国家一般職の官庁訪問の面接で、志望動機の作り方のポイント | 公務員試験の合格を応援します!
【スポンサードリンク】

国家一般職の官庁訪問の面接で、志望動機の作り方のポイント

特別区Ⅰ類に受かりたい受験生に向けたTACの直前対策セミナーが開催されています!教室講義、WEB配信から選べて、教室の場合には定員がありますのでお早めに!扱う内容は総論、政治、経済、法律、論文、面接で、一次試験から二次試験まで、半日くらいかけてバッチリ直前対策が出来ます!2015年度は去年までと比べていろいろと変更点がありますから、この講義で話されるお得な情報によって、受験生の間にも差が生まれる可能性もありますから、TACに通っていない受験生は特にそうですが、特別区に絶対に受かりたい人にはオススメです!
特別区Ⅰ類(事務)対策セミナー申し込みページ


国家一般職の官庁訪問は間もなくスタートするものと思われます。官庁訪問は各省庁によって、複数回行われると予想され、倍率も高いですし、2回以降くらいから面接試験や集団討論なども行われると思われます。人事院面接での面接では、特定の省庁よりは国家公務員全体の志望動機を述べた方が良いような気もしますが、特定の省庁に関する志望動機でも問題ないかもしれません。

ただ、官庁訪問の場合は特定の省庁に面接を受けに行っているので、その省庁に対する志望動機を伝えることがベストでしょう。志望動機を伝える際には、他の場合と同じですが、その省庁を理解することが必要になると思います。つまり、その省庁はそもそもどんなことをしているのか?国の中で、一体どういう役割を担っているのか?そして、私たち国民にとってどういう貢献をしてくれているのか?

そういった理解をまずして、そこから志望動機等の面接対策をしていく必要があるでしょう。中には、国家一般職の官庁訪問の面接でも、圧迫面接のようなものが行われる場合があります。圧迫までいかなくても、志望動機などがちょっと甘かったり、疑問を面接官が感じた場合には、鋭い指摘がくる場合があるのです。個別の省庁の面接では、特に直接各省庁が採用するか?どうかをかなり吟味して決定するので、採用する側としてもかなり慎重に見てくると思うのです。だから、しつこいくらいに受験生の回答に対して、引き続き質問を繰り返す光景は珍しくないと思います。

志望動機の考え方は別に特段変わるものではないと思います。基本的には公務員の志望動機をまず述べるべきでしょう。そのときには「民間企業との差異を用いた公務員の志望動機の例」の記事などでも言ったように、民間企業との差を利用して考えると、公務員じゃないとダメだ!という熱意が伝わるような気がします。その後に公務員の中で、そもそもあなたをやるべきだと考えているのか?公務員としてどういう業務を今後推し進めていくのが、国民にとって有益なのか?それを国家公務員の仕事、そして受験する省庁の仕事を関連付けて話せると良いような気がします。

各省庁の仕事に関連付けるには、その省庁の仕事を調べて理解する必要があるのでしょう。ただ、省庁で行う仕事に言及する場合には、あまり特定の狭い業務に限定しない方が良いかもしれません。もう少し範囲を広げて、ちょっと漠然としたものくらいが丁度良いかもしれません。他のページに書いてあったのは、「専門職に限定しすぎるのはよくない」といったものです。個別具体的名、特定の官職に限定した志望動機は「視野が狭い」と思われる可能性があるみたいです。要するに、就きたい仕事を任して貰えなかったら(その可能性は実際に大いにある)、あなたはどうするんですか?と思われてしまう余地を残さないということでしょう。

ですから、自分が国家公務員になって、特定の省庁で働いて、実際にやるべきだと考えていることについて、ある程度大きな視点から語った方が良いのかもしれません。そして、面接官から「特にどんなことをやりたいのですか?」、「どういう方法で行うのですか?」といった具体的なことを聞かれたら、特に思い描いている自分の狭い範囲のことを話すと良いのではないでしょうか?

例えば、「少子化対策に尽力して、この国の社会保障を根底から支えたいと考え志望しました」といった、漠然とした志望動機から、当然面接官から質問が飛んでくるでしょう。そこから自分が考えている有効な案というか、これをやれば多分事態が改善されるだろうと思っていることに関して、話すとそれに説得力や妥当性があれば、評価してもらえるんじゃないでしょうか?こういうかなり具体的な話は自分からしない、面接官から促されて始めてするというのもポイントかもしれません。官庁訪問の面接は人事院面接とはちょっと性質が違うと思われますので、注意が必要です。特に企業研究じゃないですけど、受験先の省庁の研究をまずやることが大切だと思います。
関連記事