_ 公務員試験の面接では、一体どんな題材が自己PRに最適? | 公務員試験の合格を応援します!
【スポンサードリンク】

公務員試験の面接では、一体どんな題材が自己PRに最適?

特別区Ⅰ類に受かりたい受験生に向けたTACの直前対策セミナーが開催されています!教室講義、WEB配信から選べて、教室の場合には定員がありますのでお早めに!扱う内容は総論、政治、経済、法律、論文、面接で、一次試験から二次試験まで、半日くらいかけてバッチリ直前対策が出来ます!2015年度は去年までと比べていろいろと変更点がありますから、この講義で話されるお得な情報によって、受験生の間にも差が生まれる可能性もありますから、TACに通っていない受験生は特にそうですが、特別区に絶対に受かりたい人にはオススメです!
特別区Ⅰ類(事務)対策セミナー申し込みページ


公務員試験の面接では、いろいろな試験種で自己PRを聞かれると思います。一体、何をアピールすれば良いのか?迷うという方もいるかもしれません。アピールできることがない・・・という方もいるのかもしれませんが、些細なことでも実はアピール要素になると思います。自己PRで話す題材は別に何でも良いんですけど、1つのことを長く続けた経験をアピールするのも良いと思います。

それは大学生であれば、サークルとか、アルバイトとか、そういった話題で良いのではないでしょうか?1年とか2年とか続けていければ、割と良い話になるのではないか?と思います。特にアルバイトを長く続けるというのは、結構大変なことだと思います。大学の授業を終えてから、仕事をするというのは、私も経験しましたが、本当に疲れます。それを長く続けるのは、忍耐力も体力もいります。

1つのことを長く続けるのは本当に大変なことです。ですから、そこは十分アピール要素になるでしょう。加えて、自分がそこから得られた経験を話して、それが公務員の仕事でも生きそうなものであれば、なお良いと思います。実際、こういう経験は絶対に貴重だと思うんですよね。このブログでも面接官が採用したいのは、「仕事を簡単に辞めない人」ということを話しましたが、それに見合った経験ともいえます。

1つのことに集中して頑張ってきたということは、簡単には投げ出さないし、我慢強く続けられる証でもあると思います。やりたいことがあって公務員を志望している人が多いと思いますから、簡単に投げ出すわけがないと思われるかもしれませんが、想像以上に今の公務員の仕事はきついと思われます。どこで働くか?にもよりますけど、以前よりはかなり仕事量が増えてきていると思います。

また、やりたいことをどれだけ力強く話せたとしても、その仕事にかかわれる保証もなく、夢を抱いて公務員になったはいいけど、思っていたのと違う・・・こんなはずじゃなかった!と後悔されても困るわけです。実際、公務員として働いた経験のない人が公務員を目指すわけですから、それまで抱いていたイメージと実際の仕事が違うということは、あって当たり前ともいえます。好きなように仕事はできません。基本的には指示にしたがって行いますから。

だから、そういうちょっとした食い違いで公務員の仕事ってつまんないじゃん!とやる気を失ってもらっても困るし、それで辞められたら最悪ということです。仕事なんていうのは、そりゃ思い通りにいかないケースが多いはずです。これは公務員に限らず。だからこそ、そんじょそこらのことじゃ辞めない。我慢できるという意思を持った人、そういう経験を過去にしている人というのは、公務員を採用する側としてもある程度安心できる材料になると思います。

何かアピールできるようなものが見つからない・・・という方は過去を遡ってみて、何か1つに集中した経験、長く続けられた経験を題材に選んでみてはどうでしょうか?公務員として働くうえで、適正のある自己PRができると思います。自己PRはほぼどの試験種の面接でも聞かれる質問だと思いますし、面接カードにもおそらく書かせるところが多いと思います。公務員の仕事をするうえで、何が必要なのか?何がアピール材料になるか?それを考えると、良い題材が見つかるのではないでしょうか?
関連記事