_ 筆記試験対策-社会学 | 公務員試験の合格を応援します!
【スポンサードリンク】

筆記試験対策-社会学

特別区Ⅰ類に受かりたい受験生に向けたTACの直前対策セミナーが開催されています!教室講義、WEB配信から選べて、教室の場合には定員がありますのでお早めに!扱う内容は総論、政治、経済、法律、論文、面接で、一次試験から二次試験まで、半日くらいかけてバッチリ直前対策が出来ます!2015年度は去年までと比べていろいろと変更点がありますから、この講義で話されるお得な情報によって、受験生の間にも差が生まれる可能性もありますから、TACに通っていない受験生は特にそうですが、特別区に絶対に受かりたい人にはオススメです!
特別区Ⅰ類(事務)対策セミナー申し込みページ


■社会学ってどんな科目?
近現代の社会一般について学びます。といっても非常に分かりづらいですね。近現代を生きている私たちの人間性、そしてそれを取り巻く環境など、社会性のあるものを特に学んでいきます。また、若干心理学、教育学と思われるような内容のものも結構登場してくるので、どちら方面に関心のある方には割と楽しめる科目だと思います。

■どんな問題が出るの?
一般的には社会学者とその人が唱えた理論、概念などがセットにされており、それらのどこかに間違いがある誤答選択肢が多いです。単純暗記が特に必要で知識頼みの科目であるため、知っているか?知っていないか?の世界です。社会学が出る試験種でいうと、特別区、国家一般職が有名ですが、特に国家一般職の社会学は非常に難解で、聞いたことのないような名前の人が出てくることもよくあります。

■どんな勉強をすれば良いの?
完全に暗記科目で、知っているか?知っていないか?の世界です。よって、過去問題集をとにかく繰り返しやることが重要です。カタカナばかりの人名が多く登場してくるので、非常に覚えづらい面もあると思います。したがって、毎日少しずつ勉強して覚えていってください!特別区の社会学の問題は割とオーソドックスで解きやすいですが、国家一般職の問題は非常に難しいので、普通の過去問題集だけではなく、国家一般職の過去問題集の中の社会学も行った方が良いでしょう。
関連記事