_ 数的処理が全然できないなら、予備校の単科講座がおすすめ | 公務員試験の合格を応援します!
【スポンサードリンク】

数的処理が全然できないなら、予備校の単科講座がおすすめ

特別区Ⅰ類に受かりたい受験生に向けたTACの直前対策セミナーが開催されています!教室講義、WEB配信から選べて、教室の場合には定員がありますのでお早めに!扱う内容は総論、政治、経済、法律、論文、面接で、一次試験から二次試験まで、半日くらいかけてバッチリ直前対策が出来ます!2015年度は去年までと比べていろいろと変更点がありますから、この講義で話されるお得な情報によって、受験生の間にも差が生まれる可能性もありますから、TACに通っていない受験生は特にそうですが、特別区に絶対に受かりたい人にはオススメです!
特別区Ⅰ類(事務)対策セミナー申し込みページ


数的処理が苦手という人も実は多いのではないでしょうか?数的処理は最初から苦手意識を感じてしまっている人は、それを克服するのは非常に難しい。特にある意味素人同然から始めた人が自力で克服するには、あまり厳しい科目といえます。数的処理も、考えようによっては暗記するだけともいえますが、考え方が分からないと、考え方と解法をインプットできないので、そこが非常にやっかいです。

数的処理は苦手な人にとっては半分越えることができれば、十分というくらいですが、それすらいかないという人がいて、自力で勉強をしていても全く上達の気配がないという場合、ここは予備校の力を借りるという方法もあります。予備校に通っている人は、おそらく数的処理の授業も受けていると思いますけど、そうじゃない人、独学の人でもしきついなら、単科をとってみる手もあります。

個人的におすすめなのは、資格の予備校TACの関野喬先生の数的処理の授業です。主に関東のTACに在籍していると思われますが、この人の授業は本当にヤバイですね。数的処理を相当極めたんでしょうね。授業を聞いていて、説得力がまるで違います。自分自身が数的処理の勉強をずっと行ってきたと同時に、おそらく教え方についても研究してきている気がします。

数的推理、判断推理、空間把握、資料解釈で全部で10数回の授業です。目からウロコな視点が多く、おそらく市販の参考書や問題集でも載っていないような、関野先生が独自に考えた、驚きの解法などもあって、本当に分かりやすかったです。この人に任せれば大丈夫じゃないか?という安心感があります。授業で配られるレジュメを貰うだけでも、相当価値があると思いますけど、是非授業も聞いてもらいたいです。

私の場合は、特に資料解釈が得意科目なってしまったくらいです。資料解釈は4つの分野の中でも、1番努力で伸びるので、関野先生の分かりやすい授業を聞いたおかげで、かなり自信が持てるようにもなったのです。勿論、その他の分野についてもかなり分かりやすく、数的処理に対する苦手意識がちょっとずつ消えていくような感覚です。

すでに予備校に通っている方も、受けている数的処理の授業に満足できない、分かりづらい、全然できるようにならないという方も考えても良いと思いますし、特に独学で学んでいる方にとっては、これ以上の助け舟はありません。市販の参考書、問題集などで行き詰ってしまった方には、TACの単科講座の数的処理(関野先生の担当する授業)は非常におすすめです!

予備校に通ったとしても、じゃあ誰でも高得点とれるか?というと、そういうわけには簡単にはいきません。今回の講座は全く打開策が見えないで悩んでいる人ほど、その効果を実感できるのではないでしょうか?関野先生は他にも自然科学なども担当されているので、同様に理解できなくて悩んでいる人は、そちらも考えてみて良いかもしれません。関野先生が担当している校舎を事前に調べておいた方が良いです。少なくとも、新宿校、渋谷校では見ましたが、他の校舎はどこで授業をしているか?ちょっと分かりませんから。予備校に尋ねてみても良いでしょう。


資格の予備校TACでは、数的処理のカリスマ講師である関野喬先生の授業を受けることができます。関野先生の授業では、そもそも参考書や問題集などには載っていないような、独自で研究した解き方も教えてくれます。それだけ数的処理の問題の研究に時間を費やしており、その熱意が窺えます。関野先生のレジュメを貰うだけでも価値があると思います。数的処理だけなんとかしたい!と考えている方は、コスパ的にも数的処理の単科講座をとるのが良いかな?と思います。TACでの単科講座の詳しい説明や申し込みなどについてはホームページを閲覧するか、資料を請求してみても良いかもしれません。
資格の学校TAC<公務員>各種コース開講
関連記事