_ 国税専門官の面接内容は単純明瞭!ストレス耐性の対策を | 公務員試験の合格を応援します!
【スポンサードリンク】

国税専門官の面接内容は単純明瞭!ストレス耐性の対策を

特別区Ⅰ類に受かりたい受験生に向けたTACの直前対策セミナーが開催されています!教室講義、WEB配信から選べて、教室の場合には定員がありますのでお早めに!扱う内容は総論、政治、経済、法律、論文、面接で、一次試験から二次試験まで、半日くらいかけてバッチリ直前対策が出来ます!2015年度は去年までと比べていろいろと変更点がありますから、この講義で話されるお得な情報によって、受験生の間にも差が生まれる可能性もありますから、TACに通っていない受験生は特にそうですが、特別区に絶対に受かりたい人にはオススメです!
特別区Ⅰ類(事務)対策セミナー申し込みページ


国税専門官の面接は結構典型的な質問しかほぼされないので、割りと対策は立てやすいかな?と思います。そこまで大掛かりな面接にならないというか、面接官によって早く切り上げたりすることもあるようで、面接時間が10分程度で終わってしまうこともあるみたいです。そういう早い人が受かっているのか?どうかは分かりませんけど。

国税専門官は「ストレス耐性」が1番メインに置かれている気がします。それについての質問が多く出てくるかもしれません。公務員は職業柄ストレスをかなり溜め込みやすい職業ともいえますけど、その中でも国税専門官はかなりストレスを溜めやすい職種といえるかもしれません。嫌な顔をされる住民の家へ直接行ったりして、税金の話を持ちかけたり、いろいろと大変みたいです。

特に「ストレス解消法はありますか?」みたいな質問が出たら、これは特に考えて答えないといけないと思います。ここで面接官の納得のいく回答ができないと厳しいです。というのも、ストレスを解消できそうにないと判断された時点で、国税専門官はほぼ合格は難しいからです。じゃあ、こういう質問がされたらどう答えたら良いのか?というと、答えは単純明瞭です!

いつでもストレス解消が望めるものを答えるというのが鉄則とされています。いつでも、というのは毎日とか、家でできるとか、そういうことです。例えば、資格の予備校TACのとある講師の人は、この質問に対して「私なら酒です」と豪語していましたが、これは酒というイメージが面接官にとってどうか?微妙ですけど、回答としては相応しいものになると思います。

酒は家で飲めるし、毎日飲めるし、ということで、ストレスを溜め込まないための息抜きとして最適なのです。ダメな回答というのは、毎日できないもの、家でできないものだと思います。例えば、ディズニーランドに遊びに行くとかは相応しくない回答になります。さすがに毎日は無理でしょうし、家でもできない。どこか遠出しないといけないものは、それだけお金も時間もかかりますから、毎日やるというのが不可能ですから。

だから、読書、ゲーム、酒、DVDを見るとか、そういう類のものなら、毎日できるでしょうし、家でもいつでもやりたいときにできます。そういった趣味があれば、それをそのまま答えれば大丈夫でしょう。くれぐれもたまにしかできないものは選ばないように。この人はストレスを解消するのがたまにしかできない(毎日ストレスを溜め込む)から、いつか仕事に疲れて辞めるかもしれないな。と思われる可能性が高いです。

公務員試験で面接官が見ているポイントというのは、いかに辞めない人か?という点だと言われています。ですから、私は絶対に辞めない!ということをこの質問で最大限アピールしていく必要があります。他にもいろいろな質問をして、熱意を確かめたりするのですが、とにかくストレス耐性についてはよく見られる試験種だと思って、対策をしていきましょう。まだ時間はあるみたいですから。倍率は2倍前後くらいだと思いますから、頑張ってください!


国税専門官の面接対策では、やはりストレス対策等の質問にもちゃんと答えていくことが重要ですが、要は志望動機、または自己PR等の基本的な質問も疎かにはできません。本書は公務員試験の面接全般で使える参考書で、いかにして自分の思っている熱意やアピールを面接官の心に訴えかけることができるか?そういった実際に面接で語るときのことを意識した表現とか、言葉使いなどをまとめて面接で合格するための話し方、まとめ方等について理解できる一冊だと思います。
直前マスター! 公務員試験面接必勝法 (スーパー勉強法)
関連記事