_ 国家一般職の人事院面接で語るべき志望動機の考え方の例 | 公務員試験の合格を応援します!
【スポンサードリンク】

国家一般職の人事院面接で語るべき志望動機の考え方の例

特別区Ⅰ類に受かりたい受験生に向けたTACの直前対策セミナーが開催されています!教室講義、WEB配信から選べて、教室の場合には定員がありますのでお早めに!扱う内容は総論、政治、経済、法律、論文、面接で、一次試験から二次試験まで、半日くらいかけてバッチリ直前対策が出来ます!2015年度は去年までと比べていろいろと変更点がありますから、この講義で話されるお得な情報によって、受験生の間にも差が生まれる可能性もありますから、TACに通っていない受験生は特にそうですが、特別区に絶対に受かりたい人にはオススメです!
特別区Ⅰ類(事務)対策セミナー申し込みページ


国家一般職の人事院面接で、やはり1番重要となるのが志望動機ですが、皆さんはもう考え付いたでしょうか?私はどちらかというと、地方公務員よりも国家公務員の志望動機の方が考えるのが難しいかな?という印象です。地方公務員って、なんとなく身近な存在ですが、国家公務員の仕事って、あまりイメージしづらいです。特に一般職の場合は。

国家公務員の志望動機を作るときには、1番手っ取り早いのは、自分の実現したいことについて話を絡ませて志望動機を語ることな気はします。国家公務員でしかできないことってあると思うのですが、大切なのは地方公務員との違いを示せるか?だと思います。地方公務員を受けるときには「何で国家公務員じゃないのですか?」という質問はまずされないと思いますけど、逆はあると思います。

したがって、志望動機には地方公務員じゃなくて、国家公務員じゃないとダメだという理由が入っていること、その志望動機の中心が地方公務員になっても実現はまず無理だということが入っていれば、国家公務員を受けに来た。国家一般職を受けたことの説得力が大分増すと思います。公務員の志望動機を語るときには、民間企業との差異を書くと良いというのは以前「民間企業との差異を用いた公務員の志望動機の例」の記事でも書きましたが、国家公務員を受ける場合も同じな気がします。

そのときに自分の実現したいこと、公共の利益に奉仕したい大きな野望がある場合、それって、特定の官庁のものでも良いのか?ということを考える人もいるかもしれません。自分が考えていることが国家公務員なら何でも良いわけではなく、特定の省庁じゃないと、ちょっと難しいという場合、人事院面接の場合ですと、まだ内定を貰っていない段階で受ける人も多いと思いますけど、まだその希望の省庁で働けることが決まっていない段階(この先そこに採用されるか?分からない)で話しても良いのでしょうか?

私は良いと思います。あくまでも合格、不合格の問題に関しては特定の省庁に採用されるか?どうかについては人事院面接の場合は関知できませんから。その後、希望の省庁の官庁訪問を行い、面接を受けて、採用されるか?どうかは分かりませんが、人事院面接の時点では、別に特定の省庁でしかできないようなことを話しても問題はないような気がします。

国家公務員を受ける場合も、当然「公務員の志望動機」は聞かれると思いますけど、志望動機等に地方公務員ではダメだという明確な理由が入っていない場合、改めて「どうして地方公務員ではダメなんですか?」ということは聞かれると思います。国家公務員の志望動機を考える際の中心となる題材は人それぞれ違うでしょうけど、1つ絶対入れてほしいのは地方公務員じゃなくて、国家公務員じゃないとダメな理由です。その例として、東京都庁と特別区の関係に似ている気がします。東京都庁と特別区の違いって何か?働く職員の仕事の違いは?そういった実際に公務員として働くうえでの違いを考えてみる。ネットでも書籍を使ってでも良いので、そこをまず取り組んでみましょう。


そもそも国家公務員ってどんな仕事をしているのか?それをあまり詳しく理解できていないと、志望動機やその他の質問についても答えづらいかもしれません。国家公務員、地方公務員は普段どんな仕事をしているのか?それがイマイチつかめていない方、には公務員試験の仕事研究、面接対策用の参考書としても使う価値があると思います。志望動機を特に考える際のヒントにしてほしいと思います。
公務員試験 公務員の仕事入門ブック 26年度試験対応
関連記事