_ 裁判所職員の面接対策で、志望動機等を練るうえで重要なこと | 公務員試験の合格を応援します!
【スポンサードリンク】

裁判所職員の面接対策で、志望動機等を練るうえで重要なこと

特別区Ⅰ類に受かりたい受験生に向けたTACの直前対策セミナーが開催されています!教室講義、WEB配信から選べて、教室の場合には定員がありますのでお早めに!扱う内容は総論、政治、経済、法律、論文、面接で、一次試験から二次試験まで、半日くらいかけてバッチリ直前対策が出来ます!2015年度は去年までと比べていろいろと変更点がありますから、この講義で話されるお得な情報によって、受験生の間にも差が生まれる可能性もありますから、TACに通っていない受験生は特にそうですが、特別区に絶対に受かりたい人にはオススメです!
特別区Ⅰ類(事務)対策セミナー申し込みページ


裁判所職員一般職、総合職の面接がいよいよ迫ってきていると思いますけど、この試験種の場合は志望動機を考えるのがかなり大変だと思います。それは予備校の講師の人たちも言っていて、それは裁判所職員の仕事がよく分からないから。何をしているのか?想像するのも難しいですし、裁判所職員という職業についてあまり知らない人が多いからだと思われます。

ですから、そりゃなんのイメージも沸かなくてもしょうがないです。だから、そういう人はまずは裁判所職員の職種そのものから調べていく必要があります。志望動機などを考えるときに1つ役立つのが見学会というものみたいですね。実際の裁判の傍聴をしても良いかもしれませんが、せめて見学くらいはしておいた方が良いかもしれません。特に仕事内容について深く知らない方は。

仕事内容を知らないで面接に臨むことはかなり無謀なことのようです。それは面接官が受験生のそういう事情を見透かしているからです。裁判所職員の面接官が抱いている気持ちは、仕事内容についてよく知らないだろうから、ちょっと勘違いをしているんじゃないか?過度な期待をしているんじゃないか?ということです。つまり、実際の面接は、そういうところをついてくる傾向にあります。そこで面接の採点や評価がかなり分かれそうです。中には圧迫面接みたいな感じになるかもしれません。

というのも、裁判所職員という仕事内容を中心にして、「あなたこういうことを知っていますか?」みたいなことがよく聞かれるみたいです。一種のクイズみたいなことを聞かれることが多いみたいで、それについて解答を求められる質問もあるようです。面接官が何を心配しているか?というと、要するに仕事内容を大して理解していない人を採用してしまうと、実際に働いてみたときにつまらなくて仕事を真面目にやらないのではないか?いずれ辞めるのではないか?ということを心配しているのだと思われます。

あと、「法律に興味があった」というようなことを口走ってしまうと、法律に関していろいろとクイズ感覚で突っ込まれる可能性もあるみたいで、あまり言わない方が良いのかもしれません。とにかく裁判所職員について知らない人、よく理解していない人が多いと思います。裁判官、弁護士、検察官といった裁判の中心になるような人ではなく、裁判所の中での事務を担う人ですから、なんとなくは分かっても、具体的には分かりませんよね。

だからこそ、そもそも裁判所職員ってナンなの?ということをまず確実に知るところからスタートしてみましょう。できれば筆記試験の前にこういうことをしておいた方が良いのでしょうけど、今からやってもまだ間に合わないことはないでしょう。国立大学法人の志望動機を考えるときも、多くの方が苦労しているようですから、とにかく調べるしかないです。

先ほども言ったように、裁判所職員という職業があまり多く知られていないことを面接官自身もおそらく危惧しており、仕事内容について正しく把握しているか?この人を採用して真面目に働くか?辞めたりしないか?ということを面接官はかなり気にしていると思われます。それを跳ね返すために面接でアピールしていくのですが、志望動機は中でも大切ですから、そこをしっかり据えて、他の質問項目にも的確にも答えていけるようにしましょう。とにかく多くの方に共通しているのは、裁判所職員という職業について知るところから始めてみましょう。


公務員試験の面接に共通する志望動機、自己PRなどを含めた質問に対する魅力的な回答、自分の熱意を伝えるための回答を練り上げるために、是非参考にしてもらいたい1冊です。当然裁判所職員の志望者の方も面接対策では、ただ適当に話せば良いというわけではなく、言葉選びとか、表現の方法とか、自分の思っていることをいかにすれば、1番熱く、的確に、面接官の心に訴えられるか?自分が面接で最大限アピールするためのノウハウが詰まった1冊です。
直前マスター! 公務員試験面接必勝法 (スーパー勉強法)
関連記事