_ 公務員試験の予備校の授業時間と時間帯はどうなっている? | 公務員試験の合格を応援します!
【スポンサードリンク】

公務員試験の予備校の授業時間と時間帯はどうなっている?

特別区Ⅰ類に受かりたい受験生に向けたTACの直前対策セミナーが開催されています!教室講義、WEB配信から選べて、教室の場合には定員がありますのでお早めに!扱う内容は総論、政治、経済、法律、論文、面接で、一次試験から二次試験まで、半日くらいかけてバッチリ直前対策が出来ます!2015年度は去年までと比べていろいろと変更点がありますから、この講義で話されるお得な情報によって、受験生の間にも差が生まれる可能性もありますから、TACに通っていない受験生は特にそうですが、特別区に絶対に受かりたい人にはオススメです!
特別区Ⅰ類(事務)対策セミナー申し込みページ


公務員試験の予備校に通ったことがない人は、一体いつの時間に予備校では授業をやっているのか?分からないと思います。授業時間については、各予備校によって多少の違いはあると思いますけど、だいたい同じになっているはずです。私が通った経験のある資格の予備校TACでは、朝の9時、午後の2時、夜の6時くらいの3つの時間帯で授業が行われ、それぞれ3時間の授業です。

ですから、1日中授業をやっています。ですから、大学生の場合は大学の授業とかぶる時間帯が多いような気がします。大学生の場合は、日によって授業の時間帯、数などが違いますよね。そういう生活スタイルでも全然問題ありません。多くの大学生はこの夜の6時からの授業に出ると思われます。6時くらいから始まり、夜の9時くらいに終わるはずです。

この時間帯は社会人の方もよく利用しています。会社が終わって急いで予備校にくると、十分間に合うでしょうから。そういった意味で、この時間帯は非常に多くの受験生が集まります。そして、大学生の場合は授業があまり入っていない日もありますよね。そういう日は午後の2時から行われる時間帯の授業にも多く出る人がいます。この時間帯は大学生や既卒の人が中心に集まってくると思います。

そして、朝の9時くらいからの時間帯は私は平日は出たことがないので分かりませんが、土日のときには朝9時くらいの時間帯はそれなりに人いますね。大学も会社もないですから、こういう早い時間帯からでも全く問題なく予備校に通えますから。土日などの休日はこの朝早い、眠い時間帯に予備校に行っても多くの人が集まっています。土日については朝の時間帯から夜の時間帯まで万遍なく人がいます。

そういった感じで、1日中授業をやっているんです。これら3つの時間帯のうち、自分の生活スタイルに合わせて授業に出て行けば、問題なく受講ができます。都合が悪くて、出席できない授業があれば、後日出られなかった授業の回のDVDを受付等で借りることができますから、それを視聴すれば授業に出たのと同じ状況になります。そういった感じでどういう状況で公務員試験を目指している方でも、予備校に問題なく通って受講できるように配慮がされています。どの時間帯にどういう授業がやっているか?というのは、今はパソコンから検索できるようになっているので、簡単に調べられますし。

基本的な授業時間のシステムはどこもほとんど同じだと思います。大学に通っている人、会社に通勤している人なども問題なく予備校に授業を受けることが可能です。だから、その点に関してはどこを選んでも同じかな?という気はしますし、あとはサービスの内容とか、授業の充実度、評判の良し悪しの問題になると思います。そういった面については各自で、どの予備校が良いのか?を調べていければ良いと思います。予備校に通って、公務員試験の合格を目指される方には、参考になればと思います。
関連記事