_ 市役所B日程の筆記試験のボーダーはどれくらい? | 公務員試験の合格を応援します!
【スポンサードリンク】

市役所B日程の筆記試験のボーダーはどれくらい?

特別区Ⅰ類に受かりたい受験生に向けたTACの直前対策セミナーが開催されています!教室講義、WEB配信から選べて、教室の場合には定員がありますのでお早めに!扱う内容は総論、政治、経済、法律、論文、面接で、一次試験から二次試験まで、半日くらいかけてバッチリ直前対策が出来ます!2015年度は去年までと比べていろいろと変更点がありますから、この講義で話されるお得な情報によって、受験生の間にも差が生まれる可能性もありますから、TACに通っていない受験生は特にそうですが、特別区に絶対に受かりたい人にはオススメです!
特別区Ⅰ類(事務)対策セミナー申し込みページ


時期的には来月に7月を迎えて、いよいよ公務員試験も面接試験のシーズンを迎える時期になりましたが、まだまだ筆記試験が残っています。7月には市役所B日程が待っており、ここを受ける人も多くいると思います。特に地元が市役所B日程という人も少なくないでしょうし、そういう方は是非頑張ってもらいたいなと思います。

市役所B日程は多くの場合、教養試験と教養論文のみの場合が多いです。専門試験はありませんから、勉強をスタートするのが遅かったような人でも、この時期に教養試験だけを勉強して照準を合わせてくる人もいるでしょう。ですから、これまで専門試験とともに勉強してきた人は、教養試験だけに全力を注いできた人と勝負をしないといけないのです。

ただ、とらないといけないボーダーは低いと思われます。教養試験だけですが、市役所試験は筆記試験ではあまり絞らないで、面接試験に残す人数が多いので、倍率だけ見ると低いです。一次試験の倍率は2、3倍くらいじゃないですか?論文の出来も加味されるので、確かなことは言えませんが、ボーダーラインは20~22点くらいかな?と思います。このくらいの合格点なら問題ない数字だと思います。

同じ教養試験のみの国立大学法人と比べると、大分ボーダーは低くなるはずです。国立大学法人は一次試験の倍率も7倍前後くらいあって、非常に高いですから。それと比べると、倍率もボーダーも大分低いので、一次試験突破は決して難しくはない。数的処理が苦手という人も全然チャンスあります。半分とれれば、多くの自治体でチャンスがあると思われます。

そして、市役所試験はほとんど面接重視になっているので、筆記試験での差はないに等しいものだと思います。面接はおそらく3回くらい行うところが多いのかな?という印象です。1回で終わるところはまずない。それくらいに多くの受験生を一次試験で通過させるので、面接の回数も増えてしまうのです。それだけ、人物重視の傾向が強いので、筆記試験を通過してしまえば、ボーダーギリギリでもあまり関係ないかな?という印象です。

ですから、市役所B日程は多くの場合で満遍なく、いろいろな科目から点数を寄せ集めていければ良いと思います。問題のレベルも全体的に難しくないので、普通に勉強をいていければ良いのかな?と思います。先ほども言ったように、数的処理が苦手でも全然勝負になります。文系の人でも、文章理解、社会科学、人文科学の問題を拾っていければ、20点は問題なくとれるはずです。市役所試験は非常に難易度の高い試験ですが、まずは筆記試験の突破を目標に頑張っていきましょう!この時期は面接対策などで忙しい人もいると思いますけど、上手く時間配分を調節して乗り切っていきってください。
関連記事