_ 質問されないと思うけど、特別区の面接で忘れがちな重要な要素 | 公務員試験の合格を応援します!
【スポンサードリンク】

質問されないと思うけど、特別区の面接で忘れがちな重要な要素

特別区Ⅰ類に受かりたい受験生に向けたTACの直前対策セミナーが開催されています!教室講義、WEB配信から選べて、教室の場合には定員がありますのでお早めに!扱う内容は総論、政治、経済、法律、論文、面接で、一次試験から二次試験まで、半日くらいかけてバッチリ直前対策が出来ます!2015年度は去年までと比べていろいろと変更点がありますから、この講義で話されるお得な情報によって、受験生の間にも差が生まれる可能性もありますから、TACに通っていない受験生は特にそうですが、特別区に絶対に受かりたい人にはオススメです!
特別区Ⅰ類(事務)対策セミナー申し込みページ


東京都と特別区はとちらも東京で働く公務員でありながら、別々に採用がされています。東京都庁の職員はどちらかというと大きな見地から仕事を行い、特別区の職員は住民に近い形で仕事を行うイメージがあります。特別区の面接では、「どうして東京都庁ではなく、特別区なのか?」という質問がされるかどうかは分かりませんが、それが面接官に伝わるように配慮した方が良いように思います。

1番良いのは志望動機で、それをなんとなく伝えるということです。それぞれ志望動機を考えていると思いますけど、東京都じゃなくて、特別区な理由って、あると思うんですよ。それを伝えていきましょう。それは東京都と特別区の違いを理解して、それを実際に表現できると良いですね。東京都と特別区の違いとは何でしょうか?

たくさんあると思うのですが、大きいのはやっぱり仕事の違いだと思います。先ほども述べたように東京都は東京全体の計画の策定などを行い、それを特別区が実際に行動に移すというのが、分かりやすい構図だと思います。東京都が決めた政策を特別区が住民に向けて実施していくのです。住民との距離が近い、そこに魅力を感じて特別区を目指している人も少なくないでしょう。

それを上手く絡められると良いと思います。例えば、最初に東京で働きたい理由を述べて、その後にアルバイトで接客業務を経験し、お客様と直に接して仕事をする喜びを感じた。それが実現できるのは、東京都庁ではなく特別区だ。といった客観的に納得できる理由を付け加えると良いでしょう。公務員になりたい理由、東京で働きたい理由、東京の中でも特別区で働きたい理由、この3つをしっかりと作ることができれば、かなり内容の濃い志望動機、そして面接になると思います。

特別区で志望動機が聞かれるのは主に2回目の面接と言われています。ただ、中には1回目から聞かれるという報告もあるようですから、1回目の面接の時点で特別区の志望動機を考えておいた方が良いと思います。2回目の面接カードは内容がたくさんあるので、1回目と2回目の面接の間の時間だけでは、満足にできない可能性があります。特に志望動機は悩む人が多いので、早めに取り掛かりましょう。
関連記事