_ 地方上級の教養論文の配点は高いとも、高くないとも言える | 公務員試験の合格を応援します!
【スポンサードリンク】

地方上級の教養論文の配点は高いとも、高くないとも言える

特別区Ⅰ類に受かりたい受験生に向けたTACの直前対策セミナーが開催されています!教室講義、WEB配信から選べて、教室の場合には定員がありますのでお早めに!扱う内容は総論、政治、経済、法律、論文、面接で、一次試験から二次試験まで、半日くらいかけてバッチリ直前対策が出来ます!2015年度は去年までと比べていろいろと変更点がありますから、この講義で話されるお得な情報によって、受験生の間にも差が生まれる可能性もありますから、TACに通っていない受験生は特にそうですが、特別区に絶対に受かりたい人にはオススメです!
特別区Ⅰ類(事務)対策セミナー申し込みページ


6月の下旬には地方上級の試験が行われます。ただ、多くの場合、地方上級では論文試験は一次試験ではなく、二次試験と同時に行われることが多いです。地方上級の場合は、二次試験に非常にバリエーションの豊富な試験が実施されますから、凄い大変です。面接試験だけではないのです。他には集団討論、適性検査、そして論文試験などです。

ですから、二次試験は1日で終わらないことも多いようです。実際、個人面接がおそらく配点が1番大きいと思いますが、論文試験はどれくらいの配点なのでしょうか?配点を公開している自治体としていない自治体がありますから、公開しているところはそれを見てほしいのですが、他の公開されていない自治体もだいたい同じような配点ではないか?と想像できます。

特別区みたいに択一試験以上に論文試験が重要というところまではいかないかと思います。というか、二次試験で行われるので、一次試験は完全に択一試験のみで決まってしまいます。二次試験はやっぱり人物試験が中心になるので、論文試験が大切じゃないということはないですが、面接試験が1~2回行われるので、そちらに埋もれてしまう可能性が高いのです。

つまり、論文試験は勿論大切なんだけれども、仮に論文試験ができたとしても、面接試験ができないと、論文試験の頑張りがムダになりやすいということです。配点が公表されているところを見ると、面接試験の配点はやっぱり高いですよね。地方公務員はどこも人物重視で、国家公務員と比べても、ほぼ面接で決まってしまうようなところがありますから。

国家公務員の論文試験の配点は公開されていますけど、割と低いですよね。それと比べたら地方上級の論文試験の配点は高いと思われます。ただ、二次試験は面接試験がメインですし、グループディスカッションもあります。人物試験が同時に行われるために、論文試験の配点が高くても、面接試験などの配点に比べると微妙・・・。という感じかもしれません。先ほども言ったように、論文ができることに越したことはありませんが、結局は面接試験ができないと意味がないということだと思います。

地方上級の論文試験は多くの場合、1問出題されて、1題解答ですから、対策も万全な状態でいかないといけない。1題出題されたテーマが、ちょっと全く手付かずのものだった場合、その時点で何も書けなくなってしまう可能性が高いです。ですから、対策の仕方としては特別なことをやる必要はないと思います。これまで続けてきた論文試験の勉強の仕方で良いと思います。

ただ、ちょっとしたところのその受験した自治体に関連のある話題が出ることもあるので、最近のその自治体の地域事情については知っておいた方が良いかもしれません。論文試験は二次試験で行われます。二次試験で1番重要なのは間違いなく面接試験です。論文試験の方が対策自体はしやすいと思うのですが、配点は高いといえるのか?どうか分からないくらいだと思います。面接試験と相対的に比べると高いとは言いづらいかもしれませんし、論文試験単体で見ると、高いかな?とも思います。ポイントとしては、筆記試験後は論文試験の対策も適度にやりながら、1番は面接試験に力を入れていきましょう。


論文試験の対策用の参考書としては、本書が特におすすめです。本書は、公務員試験で出題されやすい頻出テーマを分析し、約20個を掲載しています。特徴としては、そのテーマに関して、絶対に知っておくべき知識、、近年の話題を一通り紹介した後、実際に過去に出題された、そのテーマごとに関連した論文の解答例が載っています。ただ、解答例を載せるだけではなく、この課題については何を聞いているのか?何を書けば、課題に答えたことになるか?そして、実際に何を論文の中に書くべきか?その理由は?など、かなり細かいところにも気を配って、読んだ人が納得して進められるように構成されています。
地方上級・国家一般職[大卒]・市役所上・中級 論文試験 頻出テーマのまとめ方 2015年度
関連記事