_ 面接対策を重視した公務員試験の予備校は「東京アカデミー」 | 公務員試験の合格を応援します!
【スポンサードリンク】

面接対策を重視した公務員試験の予備校は「東京アカデミー」

特別区Ⅰ類に受かりたい受験生に向けたTACの直前対策セミナーが開催されています!教室講義、WEB配信から選べて、教室の場合には定員がありますのでお早めに!扱う内容は総論、政治、経済、法律、論文、面接で、一次試験から二次試験まで、半日くらいかけてバッチリ直前対策が出来ます!2015年度は去年までと比べていろいろと変更点がありますから、この講義で話されるお得な情報によって、受験生の間にも差が生まれる可能性もありますから、TACに通っていない受験生は特にそうですが、特別区に絶対に受かりたい人にはオススメです!
特別区Ⅰ類(事務)対策セミナー申し込みページ


公務員試験を受けようと思って、予備校に通おうと考えている方も多そうです。ただ、何を目的にして予備校に通うか?によって、選ぶべき予備校は変わってくると思います。今回は面接対策について書いてみたいと思いますけど、面接対策派近年の公務員試験が人物重視を徹底していることから、かなり大切な要素になります。面接対策により力を入れているところが良いでしょう。

予備校で行ってくれる面接対策というのは、まず公務員試験での面接試験の概要説明、どういう風に行われるのか?どういうことを聞かれるのか?面接官は何を見ているのか?そういったまず面接試験を受験生に知ってもらうところから始まり、具体的にじゃあどうすれば受かりやすいのか?といった面接試験のための必勝法、ノウハウを伝えていきます。

これで必要な情報は揃うはずです。こういった予備校から貰った情報をもとにして、今度はそれを使って自分で志望動機自己PR、その他の質問に合わせて、回答を練り上げていくという作業に移り、最後に模擬面接という形で、それまでの成果を発揮していくという段階に移ります。模擬面接は予備校の講師が面接官を担当し、実際の面接同様の進行をして、終了後に面接官からフィードバック(総評)をしてもらって、それを本番までに修正したり、生かしたりしていくのです。

これが予備校で行われる面接対策の流れです。じゃあ、予備校ごとにどこに差があるか?というと、明確な差というのはそこまでないと思います。ただ、個人的に1番これは!と思ったのが東京アカデミーです。東京アカデミーの面接対策は講師の気合の入り方がちょっと違います。というのも、模擬面接を行う際に、講師の方からのOKが出るまで行われるのです。受験生が「これで良い!」と思っても、講師の方が「いやいや、それじゃまだ不十分だ!」と思った場合には引き続き時間を割いてくれます。

通常、模擬面接は無制限の予備校が多いですが、予備校や校舎によっては模擬面接を受けたいという受験生が殺到し、予約がかなり埋まってしまうため、無制限とはいっても、そこまで回数を受けるのは困難な場合があります。特に資格の予備校TAC、LEC東京リーガルマインドの2つの予備校は特に大手ですし、この傾向は強いかもしれません。

しかし、東京アカデミーは個人的には準大手だと思っているのですが、そこまで多くの受験生にはならないだろうと思います。そこも面接対策の時期になって、模擬面接を予約するときにはちょっと有利かな?と思います。だからこそ、講師の方からOKが出るまで長く付き合ってくれる。面接がどれだけ苦手な人も、講師の方から見て、本番の面接試験に送り出しても大丈夫と思えるレベルになるまで、面接の指導に尽力してくれる。ここまで徹底して受験生の面倒を見てくれる予備校はおそらくないです。

公務員試験は前述したように面接試験がむちゃくちゃ大切です。筆記試験は個人の努力でなんとかなっても、面接試験はその余地が少ない。というか、正しい努力の仕方、テクニックの付け方を知らないと、全く上達せず、合格に全く前進しない場合もあります。だからこそ、長年の経験を積んでいる予備校で適切な指導を受けてもらう。その中でも、特に熱血指導で有名な東京アカデミーはおすすめしたいと思います。
公務員・教員試験のスクール【東京アカデミー】
関連記事